翻訳(Language Change)

2000もの奇岩が浮かぶ竜が舞い降りた伝説の海 ハロン湾inベトナム

2000もの奇岩が浮かぶ竜が舞い降りた伝説の海

 

ベトナムを代表する景勝地であり、1994年に世界遺産登録登録されたハロン湾は、氷河期に沈降した石灰岩の大地が、海水や風雨に浸食されて海から突き出すようにおよそ2000もの奇岩が顔をだしていて、まるで水墨画のような世界が広がる。

もっとも大きな島である「カットバ島」には住民もいる。

「海の桂林」との呼び名さえあるが、漢字では「下竜湾」と書き、その名称はその昔中国がベトナムに攻め入った時に、竜の親子が表れて中国軍を追いやり、その時口から吐き出した宝玉の数々が湾内の島となったという伝説からつけられたものだという。

岩でできた島たちはその表面に這うように草や木が茂り、その緑と空の色とが海に映りこんで、ハロン湾は時間ごとに違った色を見せてくれる。

日帰りクルージングが主流

ほとんどの観光客が日帰りのクルーズに参加する。なぜかというと、

◎料金が安い

◎要所は周ることができ昼食付きで20時くらいにはハノイへ帰ることが出来る

◎クルーズ船は船単位で貸し出されるため、個人で参加するのは難しい

この3点につき、ほとんどの観光客は近隣の都市や街発着のツアーを利用する。

僕自身がハロン湾を見に行った時もやはり日帰りクルーズに参加した訳だが、最近では日本人にとってありがたい旅ぷらというツアー会社に頼ったことを覚えている。

このツアー会社は、日本人スタッフが数人在籍しているという安心感、かつベトナム人のスタッフの方も日本語ペラペラでギャグさえかましてくるレベルでとても楽しかった。

ハロン湾クルーズは日帰りの他にも内容がもうちょっとプラスされた宿泊プランもある。これはお好みで選ぶと良いかと思うが、僕自身は日帰りでも満足できた。

 

 

鍾乳洞「ティエンクン洞(天宮洞)」

ティエンクン洞は、ダウゴー島にある鍾乳洞で、天宮の意味がある。ハロン湾に点在する鍾乳洞の中で、クルーズで立ち寄る最もポピュラーな鍾乳洞。1990年に発見されたばかりのこの鍾乳洞の内部は高さ20m、幅10mほどでさほど広くはないが青や緑などにライトアップされいて幻想的かつ圧倒的な世界観だ。

階段やフットライトで整備され内部は歩きやすくなっているが湿度が高く蒸し暑い。こんな圧倒的な世界観を持っている鍾乳洞がなぜ1990年まで発見されなかったのかは不思議で仕方ない。

ここはハロン湾内でもとっておきの観光地であるため、入り口は観光客でごった返している。しかし、鍾乳洞内はかなり広々としていて、ごちゃごちゃとした印象はうけない。

入り口から差し込む太陽の光が鍾乳洞内の壁や石柱、つららなどを照らすのも美しければ、観光用にライトアップされているところも幻想的だ。わざわざ言うまでもないが、階段が多いのと、足元が悪いため、滑りにくいスニーカーなどでないとなかなか動きづらいだろう。

 

最後に

四季によって天候に大きな変化がある地域なので、行く時期は十分考慮した方が良いだろう。望みどおりの景観を求めるなら時期を絞り込まないと残念な思いをしかねない。

ちなみにおすすめの季節は6〜8月、11〜12月になります。冬の方はいくらベトナムとはいえ結構寒いので防寒対策を忘れずに。

雷雨などの突然の天候の変化もあるが、さっと降ってさっとやむことも多い。9月10月は台風が多く、天候は安定していないので、欠航率が高くなってしまうので気をつけよう。