翻訳(Language Change)

見た目とは裏腹に全身美肌祭り!泥にまみれろ!!ポリョン・マッド・フェスティバルin韓国

韓国の保寧(ポリョン)の大川(テチョン)海水浴場で毎年行われている世界的に大人気の祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」

泥まみれと聞くと、どうしても汚いイメージを抱いてしまいがちだと思います。しかし、このイベントは泥まみれになることを楽しみ、かつそれが女性も嬉しい特典である美肌効果もあるという祭りなのです。1998年にスタートしたばかりで歴史の浅い祭りですが、その知名度は急速に上がっていて今では韓国でもっとも外国人観光客が訪れる祭りとなっています。

泥マッサージ、泥カラーペインティング、泥刑務所、泥スライダー、泥工芸、泥風呂や様々なパフォーマンス、音楽フェスなどの夏らしいイベントもあります。

日本でも近年、フェスが流行っていてよく耳にしますが、泥まみれフェスはなかなか体験できるものではないでしょう。一風変わったイベントなだけに、フェス好きの人もそうでない人も開放感半端ではないですね。日本のフェスももっと変わったテイストのものが出てきてほしいな〜、、、。

2017年の開催風景でわかりやすい映像があったので貼っておきましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ポリョン・マッド・フェスティバルの特徴

韓国の西海岸に広がるポリョンは136kmもの海岸と干潟が続いています。この干潟こそがこのフェスティバルの主役である「泥」の産地。

非常に良質なその泥は、同じく有名なイスラエルの死海の泥以上に豊富な天然ミネラルを含み、肌の老化防止やハリの改善に効果的。また、細胞を活発化させる遠赤外線も多く放出するため、保寧の泥を用いたパックは肌の老廃物除去にも抜群だとされています。

この泥を使ったさまざまなイベントを全身で楽しむのがこの祭りです。外国人専用食堂や荷物預り所なども設けられているので、安心して泥まみれになれます。

ポリョン・マッド・フェスティバルの開催について

日時や会場の詳細は毎年変わるため、現地のホームページで最新の情報を手に入れてから、渡航計画を練りましょう。忠清南道(チュンチョンナムド)に位置する風光明媚な観光都市、保寧(ポリョン)の大川(テチョン)海水浴場で毎年夏に行われています。

ここ数年は毎年7月中旬に開催されています。10日間ほどのイベントで週末には特に盛り上がりをみせます。

そこら中泥だらけのこのお祭りですが、日常的には見ることが出来ない泥シャワーがあり、これがなかなかの勢いです。笑

目に入ると痛いですし、ゴーグルかサングラスは必須アイテムでしょう。

シャワーは有料・無料のものがありますが、シャンプーとかボディーソープはありませんので、もし使いたい場合は持参してください。水着やタオルなどは現地で購入やレンタルも可能です。

携帯やカメラは持っている人もいますが、予期せぬ泥の攻撃を受けることもありますので預けた方が無難なのは会場に入るとすぐにわかります。ご自由にどうぞ。笑

海岸沿いには海の家が常設・仮設合わせてたくさん建っていて、鉄板や網で焼いて食べる海鮮が名物です。値段がやはり祭り価格ということで、少し高めに設定されているのですが、どこを歩いていても食欲をそそる香りが漂っているので、誘惑に負けてみることをオススメします。笑

この祭りでは、泥石鹸や泥のマッサージパウダーなどのお土産も販売されていますので、記念に買って帰るも良し。知人にお土産として買って帰るも良しです。美容効果の高い商品なので、女性は貰うと嬉しいお土産ですね。

移動手段、宿泊、飲食などは、この祭りの間異常な値上がりを見せます。交通手段は大混雑となるため、早めの予約がおすすめです。

料金&オススメのアクセス

保寧まではソウル高速バスターミナルから出ているバスを利用しました。祭り期間中はほぼ満席で運行されるので、少なくとも1週間前にはチケットを確保しておくのが良いでしょう(帰りの予約も忘れずに!)。ソウルから192km、休憩を挟まず約2時間半で到着です。

保寧総合バスターミナルでバスを降りた後は、「マッドフェスティバル」のメイン会場大川(テチョン)海水浴場まで移動します。タクシーを利用すれば、約15分で到着できます。

 

◎時間
9:30~18:00

◎料金
一般ゾーン
(月~木)大人(20歳以上)10000ウォン/(小学4年生~高校生)8000ウォン
(金土日)大人(20歳以上)12000ウォン/(小学4年生~高校生)10000ウォン

キッズゾーン
(月~木)保護者4000ウォン/子供(満3歳~小学3年生)7000ウォン
(金土日)保護者6000ウォン/子供(満3歳~小学3年生)9000ウォン

※3歳未満は無料。
※一般ゾーンの大人チケットでのキッドゾーン入場は可。

 最後に

僕の通っていた小学校では、「どろんこ祭り」というイベントが年に1回行われていました。泥を池いっぱいに溜めてその中に魚を放流して全員で捕まえるというものでした。今思えば学校の行事の一環としては、変わったことしてたな〜と思うのですが、小さい頃に泥まみれになって遊んだ記憶は、きっと皆さんにもあるでしょう。

参加するだけで童心に帰ってしまう不思議な魅力満載のポリョン・マッド・フェスティバル。大人の泥遊びといったところですかね!しかも遊んで楽しむほかに、美肌効果までついてくることもあってなんとも美容大国の韓国らしいイベントです。

絵力のあるイベントでもありますし、現在日本でよく聞くインスタ映えという観点から考えても、これからもきっと大人気間違いなしでしょう。

公式ホームページ(日本語)はこちら