翻訳(Language Change)

街が世界遺産!魅惑的で雰囲気抜群のプラハ歴史地区!の見どころ特集

プラハ歴史地区

今回ご紹介するのはチェコの首都、プラハの歴史地区です。
プラハ歴史地区は1992年に世界遺産として認定された世界遺産です。
約860ヘクタールの広い地域に渡る世界遺産で、主なものだけでも10以上の登録建築物があります。

プラハは実は長い歴史のある町で、世界遺産に登録された建物も古い建物から比較的新しい建物まで様々です。
それではご紹介して行こうと思います。

プラハの歴史

プラハの歴史は古く、6世紀頃に最初の集落が作られたと伝わっています。
その後、9世紀にプラハ城が建設され、10世紀にはカトリック司教座が置かれましたが、本格的に発展の時を迎えるのは、14世紀後半にボヘミア王カレル1世が神聖ローマ皇帝になってからの事でした。

神聖ローマ帝国の首都となったプラハは急激に発展し、プラハ城の増築、プラハ市内を流れるモルダウ河を渡るカレル橋の建設などの建設ラッシュが発生し、『百塔の都』と言われるほどの繁栄の時を迎えます。

この他にもプラハには『黄金の都』、『中世の宝石箱』『北のローマ』などの二つ名が数多くあります。

時代の寵児とも言えるような繁栄を続けていたプラハでしたが、17世紀後半に三十年戦争が終結した後は、神聖ローマ帝国の首都の地位とともに勢いを失ってしまいます。

近現代になると、一時期ナチスに占領されたり、ソ連(ワルシャワ条約機構軍)に侵攻されたりと不遇な時代を経て現在の美しい都プラハがあるのです。

主な登録建築物

プラハ市全域に広がるプラハ歴史地区には登録建築物を含む歴史的な遺物、建築も多く、全てを見て回ろうと思ったら2、3日ではとても足りません。
今回は特に有名なものをピックアップしてご紹介致します。

プラハ城

プラハ城はボヘミア王、神聖ローマ皇帝の居城を経て、現在はチェコ共和国大統領府として使用されています。
プラハの町のどこからでも見えるほど大きい城で、その大きさはギネスブックにも認定されているそうです。

10世紀には既に現在とほぼ変わらない大きさだったと言われています。
1000年の歴史ある城に相応しく、ロマネスク式、ゴシック式、ルネッサンス式など、時代時代の建築様式が取り入れられているのを見ることが出来ます。

聖ヴィート大聖堂

プラハ城を見たときに、一際高い尖塔が目に入ると思いますが、これは世界遺産の1つ、聖ヴィート大聖堂です。
カトリックのプラハ大司教座が置かれている由緒正しい教会で、歴代ボヘミア王のお墓の数多くがこの教会にあります。

聖ヴィート大聖堂はゴシック式の巨大な教会で、14世紀中頃から建設を開始し、完成したのはなんと1929年です。
500年の時を経て完成したその姿はまさに荘厳という他ありません。

大聖堂内部では美しいステンドグラスを見ることが出来ます。
大聖堂に入る前に正面の姿をよく覚えておいて欲しいのですが、正面上部の円形装飾部分にステンドグラスがあります。

外側からはまるで悪魔を焼き尽くす、太陽の光のようにも見えるいかめしい部分が、内側から見ると優しく美しいステンドグラスになっているのは非常に見応えのあるところです。

聖イジー大聖堂

こちらもプラハ城内にある大聖堂です。
創建は西暦920年にまで遡る、長い歴史を持っています。

ロマネスク式のファサードと2本の白い尖塔が特徴的で、どうしても聖ヴィート大聖堂と比べてしまう為、小さくて可愛い雰囲気の教会に見えてしまいますが、その守護聖人は竜退治で有名な聖ゲオルギウス(聖イジー)です。

聖イジー大聖堂もかつては大きな権力を有していたと伝わっています。
現在では美術館やコンサート会場として使われる事もある聖イジー大聖堂ですが、その内部は小さいながらも歴史を感じさせる作りになっています。

カレル橋

カレル橋はモルダウ河にかかる全長515mの大きな橋です。
プラハが絶頂期を迎えた1357年に建設が始まり、約60年の時を経て1402年に完成しました。

橋の欄干には左右15体、合計30体の彫刻が並べられています。
橋の上は絵描きや写真を売る露店なども出ており、観光客や地元の人通りも多く、賑やかな観光スポットになっています。

この橋からお城を背にするのがプラハで最もポピュラーな記念撮影となっています。
雄大なモルダウの流れと赤い屋根の家々の向こうにそびえ立つプラハ城は絶対に見て欲しい風景の一つです。

実はプラハはウィーンやベルリンと並ぶクラシックの本場でもあります。
有名な作曲家スメタナの代表作は組曲『モルダウ』と言います。

もしかしたら作曲する時にはカレル橋に立って、同じ景色を眺めていたのかもしれません。
チェコを代表する二人の巨匠、スメタナ博物館とドヴォルザーク博物館もプラハ市内にありますので、興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

旧市庁舎

旧市庁舎は旧市街広場にある天文時計のついた建物です。
からくり仕掛けの天文時計は、朝9時~夜23時までの毎時0分に仕掛けが動き、骸骨人形の鳴らす鐘に合わせ、キリストの12使途が窓から次々と現れるようになっています。

旧市庁舎は時計塔を持っていて、建物内部の見学も可能ですが、2018年3月現在、改修工事を行っている関係で内部見学が制限されたり、からくし仕掛けが動かなかったりすることがあるようです。

オルロイとも呼ばれるこの天文時計は、15世紀に作られた大変古い時計で、プラハ観光では外せないスポットですので、早く改修工事を終えて完全な姿をまた見せて欲しいですね。

ヤン・フス像

旧市庁舎のある旧市街広場の中心部にはヤン・フス像があります。
ヤン・フスは14世紀後半~15世紀初頭の宗教改革家でボヘミア王の庇護を受け、プラハで精力的に活動を行っていました。
高校で世界史を選択した方なら、教会大分裂(大シスマ)やコンスタンツ公会議という言葉を聞いた覚えのある方もいるのではないでしょうか。

ルターやカルヴァンと並び、有名な宗教改革下のフスの最期の言葉『真実は勝つ』は、現在のチェコ共和国の標語となっておりチェコ大統領旗にもその文言があしらわれています。

旧ユダヤ人墓地

プラハの旧ユダヤ人墓地は、ヨーロッパ最大のユダヤ人墓地の1つです。
ここを訪れると、墓地の面積に対して墓碑の数があまりにも多い事に驚かされます。
長い間キリスト教圏では、ユダヤ人はキリストを殺した民族として権利が制限されて来ました。

ここプラハでもそれは例外ではなく、旧ユダヤ人墓地は15世紀中頃から約300年間に渡って墓地として利用されていたのですが、年々増える死者を埋葬するだけの広さが無く、またユダヤ人墓地領域の周辺への拡張は認められなかったのです。

敬虔なユダヤ人は先祖の墓を壊さずに、古い墓の上に土を盛って新しい墓地を造成することで墓地の上に新しい墓地を作り、埋葬を続けて来ました。
またその際には、古い墓碑を新しい土の上に移し直し、故人を偲ぶ事ができるようにしていました。

これを繰り返した結果、墓地の面積に対してあまりにも多い墓碑が置かれることとなり、
周りの土地と比べると墓地の土地だけが高くなってしまったそうです。

その他のスポット

上でご紹介した他にもプラハには歴史的な観光スポットが数多くあります。
ヴァーツラフ広場、旧新シナゴーグ、ティーン前の聖母マリア教会など、まだまだ多くの見どころがありますので、プラハ滞在の際は4、5日かけてゆっくりと見て回るのがいいのではないかと思います。

お役立ち情報

プラハ観光、滞在にちょっとお役に立つ情報や、豆知識をお伝えして行こうと思います。

チェコのお金事情

チェコはEUには加盟していますが、通貨は独自通貨のコルナを使っています。
2018年3月7日のレートで1コルナ≒5円となっています。

2017年のビッグマックインデックスを見ると、ビックマック1つが3.28USドルとなっていますので、こちらの値段は日本とほぼ変わらないと思っていいでしょう。

続いて、ホテルフォーシーズンズの宿泊料金を調べたところ、
プラハ 約40000円
京都  約90000円
このようになっていましたので、サービス業の料金は日本より安いのかもしれません。
※2018年3月調べ

チェココルナはチェコでしか通用しませんので、できる限り両替は少なくしましょう。
基本的にはクレジットカードを使うのが良いと思います。

プラハのナイトライフ

プラハ在住のチェコ人の友人と実際に話したことがあるのですが、
プラハと言えば、

1.夜景


プラハは東欧ではかなり治安のいい町です。
観光客が多いことも関係しているのかもしれませんが、バルセロナのように治安のあまり良くない町もありますので、プラハの人々の気質なのでしょう。

実はプラハの観光スポットは夜になるとライトアップされ、うっとりとしてしまうようなロマンティックな夜景を楽しむ事ができるのです。
特にペトシーン公園からの景色が最高です。

昼と夜では本当に違う景色に見えますので、是非比べてみて下さい。
ただ、いくら治安が良くても深夜は女性の一人歩きは避けた方が良いと思いますので、
その点だけはお気をつけ下さい。

2.ビール

これは実話なのですが、チェコ農業省と書かれたポスターに、
「水資源を守る為にビールを飲もう!」と書いてあったのを見たことがあります。

本物の農業省のポスターなのかはわかりませんが、確かにビールはとても安いです!
為替レートによって左右されますが、1杯100円くらいで飲めました。
現在、世界中で主流のビールはピルスナービールというタイプなのですが、チェコはそのピルスナービールが生まれた国でもあるのです。

そして、有名なビール、バドワイザーもチェコに由来するビールです。
これは有名なエピソードがありますので、興味のある方は「チェコ バドワイザー」で検索して見て下さい。

3.女の子

歴史的にいろいろな地方から人が訪れていた為、民族間での婚姻も数多くあった為、エキゾチックな雰囲気の女性が他のヨーロッパ都市よりも多かった事からこう言われているそうです。

日本風に分かりやすく言えば、ハーフ美女、クォーター美女が多い、と言うことですね。
プラハには非常に多くのキャバレーがあり、とても有名だそうです。
私は行ったことがありませんが、旅先で会った外国人にもものすごくおすすめされました。

最後に

いかがでしたか。
世界遺産、プラハ歴史地区に興味を持って頂けたのなら幸いです。
日本ではなじみの薄いチェコですが、プラハを始め、たくさんの魅力ある観光スポットがあります。
プラハもパリやローマにも負けず劣らず、楽しい観光ができますよ!
ぜひ旅行先として検討してみて下さい。