翻訳(Language Change)

外貨両替ってどうやってするの?知っていないと損をする外貨両替の基本知識

国内にいると経験することのない外貨両替。現地通貨を手に入れる方法は実は結構多くあります。もちろんそれぞれの方法にメリットとデメリットがあります。よりお得に外貨両替をすることで、旅の費用を少しでも節約できます。旅をするにあたって知っておくべき必要な知識なのでご紹介します。

現地通貨はもちろん必要ですが、旅のリスクを軽減するためにもあまりに多くの通貨を持ち歩くのは、得策ではありません。特に日本人バックパッカーはお金持ちだと思われがちで、スリなどの犯罪の標的になりやすい事は知っておきましょう。

ドルユーロは、国内で両替した方がお得で、それ以外の通貨は現地で両替した方が得をすることが多いです。

外貨両替の注意点

両替をしたらその場で確認する

日本人の気質上、後ろに多くの人が並んでいるとすぐにどかなくてはと思ってしまうと思います。ましてや国内でなく海外でその状況だと、より気になるかも知れません。しかし、国によってはインチキして少なく渡される可能性があります。

特にアジア圏では街の両替所だけでなく、銀行での両替でもこういった被害が出ているようですので、必ずその場で確認するようにしてください。
その場を立ち去ってから気付いても、全く相手にしてもらえません。

両替所ではレシートがもらえるところが大半なので、その場で計算して金額を間違えてないかまでしっかり確認する事をオススメします。

◎両替中も自分の荷物から目を離さない

両替所は置き引き被害が多発している場所でもあるので要注意です。

日本人はただでさえお金を多く持っていると思われがちです。知らない間にスリ集団につけられている何てこともあります。なので、大きな額を両替したい場合は、少額ずつわけて両替すると良いでしょう。

大金を両替すると、それを見られていてお金を奪われるというリスクが高まります。
海外あるあるなので、面倒くさくてもこうしてリスク分散して自分の身は自分で守りましょう。

 

外貨両替の場所

一番良い両替所を探す場合は、平日にも関わらず行列ができているようなところを選ぶと良いでしょう。(行列=レートが良くてお得に両替ができるという可能性が高い)

※土日は手数料を多く取られてしまうところもあります。

◎空港

出発の際でも、目的地到着後でも空港で両替することが可能です。空港で両替できると便利ですがレートはあまり良くないです。空港での両替は、市内までの移動費や簡単な食費分などのみを両替する程度にしておくと良いでしょう。

※先進国以外は金額をごまかす不正が発生することがありますので、空港だから安心というわけではないので要注意。

◎銀行

不正はほぼなく安全ですし、レートは空港よりは基本的に良いです。ただ銀行によってだいぶレートに差があったりするので、色々な銀行を見比べてみると良いかと思います。

◎市内の両替所

一部のアジア諸国では市内の両替所が最もレートが良いです。しかし市内の両替所は、現在使えない紙幣や偽札などの混入リスクが最も高く安全度は1番低いです。個人的には、その場でしっかりと確認をするのであれば、1番レートが良いので市内の両替所がオススメです。(僕はほぼ市内の両替所を利用してます。)

◎ホテル

ホテルでの両替は基本的に安全面で問題ないでしょう。しかし、レートはどの方法よりも悪いので少額の両替ならそこまでシビアでは無いですが、高額になってくるとかなりの開きが出てくるのであまりオススメできません。

外貨両替の種類

◎現金→外貨

『現金』を『外貨』へ両替をする場合、基本的に2~4%ほどの手数料がかかります。つまり、2~4%ほど上乗せした金額を渡すことになります。外貨を日本円に両替する場合は逆で、2~4%ほど差し引かれた金額を渡されます。
基本的には1日に必要な現金×滞在日数分の現金のみを持つようにすべきです。もし、スリなどにあえば一気にお金を失いかねないですので。

◎キャッシュカード→外貨

海外でも使用できる銀行のキャッシュカードを持っていれば、海外の銀行ATMで両替をすることも可能です。もはやこれは旅の必需品ですのでご用意を!

最近では割とどんな方でもすぐに口座が開ける銀行もあります。(紛失してしまった時のために2枚以上は持っておきたい。ちなみに私は旅を始めて1ヶ月もせずに1枚紛失してしまって、複数持っておいて現に助かりました。笑)

◎クレジットカード→外貨

キャッシュカード同様にATMで両替ができて便利ですが、クレジットカードでの外貨両替は、利息がついてしまうので、実際に使った額よりも高い額を支払わなければならなくなります。(しかし実は、利息をほぼ皆無に出来、現地通貨の両替に最適なカードも存在します。詳しくはこちら

しかしクレジットカードを持っておく最大の利点は実はほかにあります。カードを発行することにより海外保険が自動で付いてくる(自動付帯)や、カードを使ってなにか買い物などをすることで海外保険が付いてくる(利用付帯)などの海外保険のサポート面でとても有効的なのです。

新規で海外保険を前もって準備する必要がありません。カード会社によって補償額は違いますが、こちらも何社かで数枚発行しておくことで、補償額も増やすことができます。

ですので、両替面だけでなく海外保険の面でも活躍しますので、クレジットカードも旅の必需品ですのでご用意すべきかと、、、。

クレジットカードを作るならこのカード!をまとめたページはこちらです。

最後に

外貨両替で一番おすすめなのは、やはり一番レートが良い方法で外貨両替をすることです。外貨両替はリスク分散のためにも様々な手段を持っておくべきです。出発前に国際キャッシュカードクレジットカードをそれぞれ数枚持っていると、まあ問題ないでしょう。
短い期間での旅なのであれば、そこまで巨額の差にはならない手数料ですが、長旅になると案外馬鹿にならないです。効率の良い両替を心がけてください。僕自身も経験ある事として、もう使えない現地通貨が混ぜられていることはあるあるです。その国の通貨のデザインは把握しておく事をオススメします。

あと知っておくと便利なフレーズもいくつか抑えておけば両替に困ることはないと思うので紹介しておきます。

◎両替のための英語フレーズ

お金を両替する場所はどこですか?

Where can I change money ?

1番近い銀行はどこですか?

Where is the nearest bank from here ?

円をドルに両替してもらえますか?

Could you change Japanese yen to dollars ?

両替してください

Money exchange , please .

10ドル札を7枚、残りは1ドル札でお願いします

7 ten-dollar bills , and the rest in singles , please.

それでは、お金は大切に。犯罪被害にも気をつけて旅を楽しんでください。