翻訳(Language Change)

猫好きは集まるしかない!台湾の猫村で思いっきり癒されよう!!

台湾の猫村とは?
日本は空前の猫ブームと言われています。猫好きには、とても嬉しいブームですね。そんな猫ブームですが、実は台湾でも起きているのです。

台北市には色々な猫カフェがあり、猫好きを楽しませてくれています。でも、猫カフェなら日本でも……と思う方に、台湾で大人気の猫スポットを紹介させていただきます。

台湾の人気スポットは猫村という場所で、とても多くの猫たちが自由に暮らしています。この猫村は、カフェのような室内に猫が居るのではなく、その名の通り村に多くの猫が居るのです。

元々は、少し猫が多く暮らしている村だったのですが、猫がたくさん居る!ということで、猫好きの観光客がたくさん訪れるようになり、村民が総出で猫と人が一緒に生活できる村にしようと活動を始めました。そのかいあってか、今では、世界中から猫好きが訪れる大人気の猫スポットとなりました。

猫村へのアクセス

そんなにたくさん猫が居るなら行ってみたいという方へ、猫村への行き方を案内いたします。猫村は、台湾でも超絶人気の観光スポット九份の隣にあります。

時間に余裕があれば、九份も観光できるという素晴らしいスポットです。猫村へ行くには、台北駅から台湾国鉄で向かいます。降りる駅は「候硐」というところです。

台北駅の乗り場は四番ホームで、行き先は「花蓮」「蘇澳」「臺東」のどれかに乗れば大丈夫です。分からないときは、駅員さんに「猫村」と書いたメモを見せると、教えてくれます。候硐へ向かう列車ですが、数が少ないので、時刻表は前もって確認しておくと良いでしょう。

猫村がある候硐駅までは、各駅停車に乗って乗り換え無しで一時間ほどです。急行などは止まらないので、乗る列車には注意しましょう。

しかし、候硐駅の一つ手前の駅「瑞芳駅」は急行が止まるので、ここまで急行で来て、そこから各駅停車に乗り換えるということも出来ます。この瑞芳駅ですが、九份へ向かう人がたくさん降りる駅なので、乗り換え無しの各駅停車で来ている場合は、釣られて降りないように気を付けてくださいね。

台湾国鉄ですが、Easy Cardを使用することが出来ます。台湾旅行の時に、地下鉄でよく使われると思いますが、国鉄やバスなどでも使用できるのです。キップを買う手間が省けるので、ぜひ、利用してみてください。台湾国鉄の乗車料金は時刻表ですが、ホームページで確認が出来マス。日本語に対応していますので、中国語や英語が分からなくても大丈夫です。

台湾国鉄:こちらから

猫村での楽しみ方

念願の猫村へ到着したら、思う存分、猫と戯れましょう。

この猫村は、人の数よりも猫の数の方が多いぐらいで、少し歩けば猫に当たるという感じです。猫村入口のところに、村の地図もありますので、それを見てどう猫村の中を歩くか考えることも出来ます。また、入り口近くではキャットフードも販売しており、気に入った猫がいれば、それをあげることも出来ます。

キャットフードについて注意ですが、この猫村には数は少ないですが犬もいます。その犬たちがキャットフードを欲しがります。一回だけほんの少しなら問題は無いのですが、長期にわたって大量に犬がキャットフードを摂取するのは危険なので、絶対に犬にはあげないでください。

色々な猫と触れ合いたいと猫村を色々と散策されると思います。

ですが、ここは村人が普通に住んでいる場所でもあり、注意が必要です。猫村には廃墟もあって人が住んでいるのかどうか分かりにくい建物もあります。人が住んでいるかどうか分かりにくいことはありますが、廃墟以外の建物は人が住んでいるかもしれないので、建物の周辺では静かにしましょう。

そして、注意しながら猫と戯れて歩き回っていると、疲れてきますよね。猫村の散策で疲れたときには、カフェもありますので、そこで休憩することも出来ます。

もちろん、店内にも猫がいますので、お茶を飲みながら猫を愛でることも出来ます。昔は、カフェがあまりなく、カフェが混んでいたりしましたが、今はカフェが増えているので、休憩しやすくなっています。それぞれ、特徴があるので、散策しながらお気に入りのカフェを見つけてくださいね。

おすすめ猫カフェ:217珈琲館
住所:新北市瑞芳区柴寮路217号

猫村には、もう一つの楽しみがあって、それを目当てに訪れる方もいます。猫村には、多くの猫のイラストがあり、それらが、訪れる観光客の目を楽しませてくれます。候硐駅から猫村までも、猫のイラストによる案内があるので、楽しみながら向かうことが出来ます。猫村の猫イラストはとても可愛いので、とても人気があります。猫と一緒に写真に収めるのも素敵です。

猫村のお土産

猫村を思う存分、楽しんだ後に気になるのはお土産ではないでしょうか?

昔は、駅周辺にお店が一件も無く、飲み物すら手に入れることが出来ませんでした。現在は、観光スポットとして人気が出てきたため、駅周辺には観光客用のお店が色々とあります。

候硐の歴史コーナーみたいな建物もありますので、猫村散策の合間にも楽しむことが出来ます。猫村での人気お土産ですが、猫の顔をしたパイナップルケーキです。パイナップルケーキは、台湾の定番土産なので、色々なところで売っていますが、猫の顔をしたパイナップルケーキは、やはり猫村になります。

猫とパイナップルケーキの組み合わせは、自分用はもちろん、ばらまき土産としても人気が高いのでオススメです。また、猫村に数多くある猫のイラストのポストカードなどもありますので、猫村で気に入ったイラストがあれば、購入してみてはいかがでしょうか?

最後に

台湾の人気スポットの猫村を紹介させて頂きました。この猫村は、台湾だけではなくて世界中でも人気の場所なのです。

2013年にアメリカのCNNで「世界6大猫スポット」として紹介されたことがあります。そのためか海外からの観光客もとても多く、色々な国の人と猫を通じて触れ合うことも出来るのです。とても小さい村なのですが、一日中居ても飽きることが無いところです。

また、九份がとても近いので、九份の帰りに気軽に寄ることも出来ます。もちろん、九份に行く前に猫を堪能してからということも可能です。

あまり広い村ではないですが、いたるところに猫がいます。お気に入りの猫を探してみるのも、とても楽しいです。台湾を訪れたときには、ぜひ、立ち寄ってみてください。