翻訳(Language Change)

台湾に行くなら絶対に外せない!九份のノスタルジックな雰囲気に酔いしれよう!

台湾は東京から約3時間半、沖縄那覇からは約1時間半、直行便で行く事のできるアクセスの良い人気の観光地です。

中でも、九份はジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台に似ていると話題になり、一躍人気の観光スポットとなりました。ノスタルジックな雰囲気漂う九份は、台湾に訪れるなら一度は足を運んでおきたい場所です。

今回は、そんな九份についてご紹介します。

九份とはどんな街?

九份は、台湾の首都台北から車で1時間程の場所に位置しています。

山間に位置する街で、かつては金鉱採掘で栄えていました。現在は、山の斜面に入り組んだ細い路地が張り巡らされ、通りの両側に多くの商店が並んでいます。

お土産を買ったり、食べ歩きを楽しんだり、お茶を飲みながらゆっくりしたりと多様な過ごし方がある人気の観光地です。また、赤い提灯が至る所に提げられていて、レトロな雰囲気を醸しています。

その特徴的な街並みが話題を集め、日本はもちろん、世界各国から多くの観光客が訪れ連日賑わいを見せています。

九份でノスタルジックな夜景を楽しむには?

九份と言えば、何と言っても赤い提灯に灯りが灯る様子が観光のハイライトと言えるでしょう。

ゆらりと揺れる灯りがレトロな街並みを照らす様は、訪れた人をまるで映画の舞台に迷い込んだような気分にさせます。
綺麗な夜景を楽しむためには、日の入り時間を確認しておく必要があります。

特に、5月~9月頃に観光する場合は要注意です。日の入りが遅いため、旅行会社のツアーによってはきちんと日が沈む前に台北市内へ戻る事になってしまいます。

この時期の平均的な日没時間は18時~19時頃となるので、ツアーを選ぶ際には何時頃まで九份に滞在できるかを確認してみてください。10月~4月は17時~18時頃が日没となるため、早めに戻るプランでも夜景を見る事ができるでしょう。

もちろん、九份では夜景を見るべきですが、折角行くのであれば日中の街並みも楽しみたいものです。そこでもう一点注意すべき事は、店舗の営業時間です。多くの商店は18時頃で店じまいするため、街の散策も楽しみたい場合はそれより前に九份にいる必要があります。

見どころの多い街なので、できれば15時頃から夜まで滞在して街並みと夜景を両方楽しむことをお勧めします。

九份で本格的なお茶を楽しもう!

台湾は、本格的な台湾茶が楽しめることでも有名です。もちろん九份にも有名なお店が多数ありますが、最も有名なお店は「阿妹茶酒館」でしょう。

急な坂道の中腹に建てられたレトロな外観は、冒頭に述べた「千と千尋の神隠し」に登場する油屋にそっくりだと日本でも話題になりました。実際に宮崎駿監督がお店に訪れ、その景色を観察していたという話もあります。お茶単品での注文や、お菓子とセットになったメニューもあり日本語で説明を受ける事も可能です。

本格的な茶器で飲む台湾茶は上品な口当たりで、ほっとするひと時を楽しむことができます。

2階が室内席、3階がテラス席となっているので、できればテラス席で街並みや海を臨みながらティータイムを楽しみたいものです。夕暮れ時から非常に混みあいますので、少し早めにお店に入る事をお勧めします。

テラス席からは美しい夕焼けと、暗くなるにつれ街に灯りがぽつぽつ灯る様子をゆっくり見ることができます。ノスタルジックな空気の中、移りゆく街並みを存分に満喫することができるでしょう。

また、お店を出た後も見逃せない景色は続きます。お店の外観と赤い提灯の景色は、まさに映画に登場する油屋さながらです。人気のフォトスポットなのでとても混雑していますが、タイミングを見て記念写真を撮ってみてください。台湾ならではの景色をバックに、忘れられない1枚を日本に持ち帰ることができます。

気になる九份への行き方は?

観光の拠点になる台北からは、バス、タクシー、電車、オプショナルツアーの4種類の行き方があります。

タクシーが最も早く快適ですが、観光客を狙ったぼったくりには要注意です。台北市内から九份までは片道1台1,000~1,200台湾ドル程度が相場ですので、それ以上の金額を提示された場合はきちんと交渉しましょう。

電車で行く場合は、台北駅から九份最寄りの瑞芳駅まで向かい、駅前からバスかタクシーに乗り換える必要があります。台北から九份まで直通のバスで行くこともできます。

しかし、人気の路線なので必ずしも座れるとは限りません。また、遅い時間は本数が減りますので時間に余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。

もし個人で行くのが不安な場合は、旅行会社が企画するオプショナルツアーで行く事もできます。滞在時間が限られるため自由度は減りますが、遅い時間帯でも安心して参加する事ができます。ご自身の希望にあったプランを選んで九份へ足を運んでみてください。

九份とあわせて行きたい十分の魅力

九份観光の際には、最近注目の観光地である十分という街とセットで訪れるのもお勧めです。

十分は平渓線というローカル鉄道沿線の街で、線路沿いに店が連なっている一風変わった場所です。ここでは、願い事をランタンに書いて空に上げる体験ができます。

台北から電車に乗って1時間程度で訪れることができ、そのまま九份へ足を伸ばす事も可能です。日中に十分でランタンを上げ、夕方から九份の散策と夜景観光という1日で2つの街に行くプランも盛りだくさんで楽しめることでしょう。最近はテレビや雑誌で十分でのランタンが取り上げられることも増えており、日本での土産話にもなるはずです。

台湾での滞在日数が長い方は、十分も夜の時間帯に訪れると夜空にランタンが浮かぶ幻想的な雰囲気を楽しむことができます。旅行日数が限られる場合、十分は日中でも充分楽しむことができるので、是非九份と併せて旅の目的地の候補に入れてみてください。

最後に

九份は、今や台湾旅行で欠かす事のできない大人気観光スポットです。

台北市内から日帰りで行く事ができ、ノスタルジックな街並みと幻想的な夜景をゆっくり楽しむことができます。細い通路はまるで迷路のようで、目的地を決めずに歩きながら素敵なお店を探すのもきっと楽しいでしょう。

また、本場のお茶をいただきながら、旅の思い出や他愛もない話など、おしゃべりに花を咲かせるのも思い出になるはずです。さらに、十分など他の観光地と組み合わせる事で、旅の幅はぐっと広がりをみせます。家族旅行や友人との旅行、お母様との母娘旅など様々な方に楽しんで頂けること間違いなしです。

是非台湾に訪れる際は、九份の独特な雰囲気に実際に触れてみてください。