翻訳(Language Change)

旅をするなら押さえておきたい世界の物価が最も安い国トップ5

世界の物価が最も安い国トップ5

節約しながら旅をするバックパッカーにとって気になるのが、各国の物価事情ですよね?旅を予算内で少しでも長く続けたいなら、物価の安い国情報は必須ですね。

そこで世界一周をするにあたって、行く価値満載の物価が安い国を選りすぐって5つご紹介します。

まずは・・・

◎ネパール

ネパールの物価は全体的に安いです。ペットボトルの水1本(1L)が15ルピー(約15円)程度から購入できます。ただし、カトマンズやポカラの様な外国人観光客の多い地区は物価が高く、他地区の約2倍以上はしますので、お気をつけください。

宿泊施設に関しても、ゲストハウスやロッジといった最も安い施設に宿泊するなら、10ドル以下、数百円程度から宿泊することができます。

◎インド

物価の安さではアジア一。しかしその物価の安さの背景には、衛生面の問題であったり治安の悪さも多少なり影響があると考えられます。

食事でお腹を壊すのはもはや当たり前といった感じ、、、。宿泊も安いところだとセキュリティが甘かったり、虫が多く出るなどなど。安い交通手段では、身動き取れないような空間で過ごす必要があったり、時には運転手や相乗りの仲間が強盗に変身することもあったりとか。

しかしそんなハプニングも旅の醍醐味と楽しめるだけの度量と経験を持ち備えていれば、インドは予算的になり楽しめる国といえるでしょう。

◎タイ

タイの町はどこも物価が安いですが、昔からすると少しずつ物価上昇しているような気がします。とはいえ世界的に比較するとかなり安い部類に入り。

1つ前でインドを紹介しましたが、タイに関しては安宿でも設備はお世辞にも充実しているとは言えませんが、清潔に保たれた宿が多くあります。また食事に関しても、屋台や町の売店で購入する料理は異常に安いのにも関わらず衛生面もインドよりはるかに良いです。

ちなみに私は腸が強い方ではありませんが、タイの食事で体調に影響を及ぼしたことはないです^^

◎ギリシャ

ヨーロッパは物価が高い!という印象をみなさんお持ちだと思います。確かにそれは間違いではないのですが、ギリシャは食べ物や飲み物の価格が安く、日常的にかかる費用は結構抑えることが可能な国です。

とはいえ、あくまでヨーロッパの中では安いということを付け加えておこう。1日を通して使うお金としては日本とそう変わりは無いくらいです。

◎エジプト

有名な観光地であるエジプトは、観光業が発達しているのが特徴です。物価面でみると安宿は1000円位でありますし、屋台レストランも多くありますので節約しながら、観光を存分に出来る国です。

しかし、観光業に力が入っているため、観光代は全体的に高めですので旅をすることにおいては、ある程度予算内でバランスを考えながら過ごさないと想像以上に出費が増えるでしょう。

 

最後に

ほとんどの国や地域で共通するのは、物価には同じ国の中でもエリアによって幅があるということです。

今回紹介した5つの国は、旅するにあたって総合的に過ごし安さを重視した国を選びました。かつ、安全面から考えてなかなかスリリングな国は除いて紹介しております。

全てにおいて安い国という訳ではありませんが、きっとあなたが訪れることがあれば物価の安い国だと感じさせてくれると思います。

あなたの旅の参考になりますように。