翻訳(Language Change)

リゾート地好きの人集まれー!人気のアジアのリゾート地BEST5!

もし大型連休を貰ったとしたら、みなさんなら何に時間を割くでしょうか?みっちり家で休養をとる人も居れば、アクティブに体を動かす人も居れば、はたまた旅行とか行ってみるか!?なんて人も居るでしょう。

さまざまな時間の使い方があるでしょうが、この記事を読んでくれているあなたなら、きっと旅行が好きなのではないかな?と予想し、今回は日本からアクセスが良く安価で手頃に行ける、アジアで人気の南国リゾート地を紹介してみます。

ペナン島(マレーシア)

マレーシアのペナン島は、南国ならではの美しいビーチリゾートや、街が2008年に世界遺産となったジョージタウンなど、島まるごと楽しめる東南アジアに行くなら是非訪れてほしい島です。

世界遺産のジョージタウンは東南アジアには珍しいアートの街としても有名で、街を散策していると至る所に様々なアートが点在していて、落書きなんてレベルでは無い仕上がりで見ごたえがあります。どうやって描いたんだろう?という様な建物の側面全体に施されたウォールアートや。

針金アートも、アートの影が壁に映ることで絵とは違った立体感が出ていてウォールアートとはまた違った面白さがあります。

ストリートアートマップ付きのパンフレットが観光案内所やホテルに置いてあるので、パンフレットを手に散策してみるのも楽しいと思います。

ペナン島のビーチはマリンアクティビティが豊富に揃っていて、アクティブな旅行が好きな方がこぞって訪れます。ペナンで最も人気のビーチ「バトゥ・フェリンギ」は、ラグジュアリーホテルが立ち並び世界屈指のリゾート地となっています。

プーケット島(タイ)

プーケットと言えば、世界的にも有数の人気リゾート地です。プーケットはタイの南部に位置し、日本からのアクセスも良いので日本人観光客も絶えません。5月~10月は雨季のためあまりオススメできませんが、11月~4月が乾季なので春頃にプーケットを訪れると、一足先に夏を感じれて寒さが苦手で夏好きの方にはベストシーズンかと思います。

ビーチの数も多くあるプーケットは、海が綺麗なのは言うまでも無いのですが宿泊ホテルもロマンチックな雰囲気満載の高級リゾートホテルが立ち並びます。

プーケットに訪れた際は、時間に余裕があればマストで訪れてほしい場所として「ピピ島」があります。

プーケットの南東、約48kmに浮かぶピピ島は、エメラルドグリーンの美しい海が広がる、ピピ・ドン島を中心にした6つの島の総称です。レオナルド・デカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台として有名な、ボートでしか行けない秘境ビーチ「マヤベイ」も訪れることが出来るプーケット発の日帰りツアーもあります。

バリ島(インドネシア)

バリ島は、インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東に位置しています。バリのビーチの中でも人気なクタ・ビーチ。サンセットが綺麗で有名ですし、サーフィンをするにも人気なエリアで多くのサーファーも訪れます。周辺にはレストランやリゾートホテル、ナイトスポットもあり、クタ地区は「バリ島随一の繁華街」とも言われています。

バリ六大寺院のひとつであるタナロット寺院は、バリ島中西部の海岸にあり、干潮時には寺院の立つ岩場まで行くことができます。バリ島でサンセットを見るならここ!とされているタナロット寺院は多くの観光客が訪れます。

バリ島でも有数のパワースポットとして知られているウルワツ寺院。バドゥン半島南西端の海岸沿いにある寺院で、海の精霊が祀られています。毎日夕方の6時ごろから行われるケチャダンス。1時間ほど音楽とダンスでストーリー展開していくバリの人気の伝統舞踊公演です。これ、個人的な感想としては斬新です。笑

是非途中で帰ることなく最後まで見てください。段々と盛り上がっていきますので、、。周辺の散策も楽しめます。しかしカメラとか携帯とか帽子とかなにかと野生の猿が狙ってきて危険が多いのでご注意ください。

ダナン(ベトナム)

ダナンは南北に長いベトナムのほぼ真ん中に位置している町です。交通の乗り換えによく利用される町で、リゾート地としても人気が急上昇しています。あまり大きくはない町なので町中散策することも可能です。バカンスを過ごすにはもってこいで、歩ける範囲で海とレストラン、市場、教会などの観光名所が集まっています。

観光客に人気のおしゃれな海辺のレストランやバーはもちろん、少し観光地から離れるとベトナムらしい地元の食堂もあります。現地の料理を安く食べることが出来ますし、ベトナムを満喫したい方にもおすすめです。町の中心にはハン市場という市場があり地元の人の熱気にあふれていて現地の市場の雰囲気を味わうために観光客も多く訪れます。

1923年に建設されたダナン唯一の、世界的にも珍しいパステルピンクのカトリック教会も有名な観光スポットです。

セブ島(フィリピン)

セブ島は最近日本でも人気の高い有名なリゾート地になったのではないでしょうか。アクセスが簡単なだけでなく、安価で訪れることが出来るので今後も人気度が増すでしょう。セブは語学留学も充実しているため、とくに学生などにも人気な場所となっています。

セブ島には定番の観光地もたくさんありビーチはもちろん、マリンアクティビティとしてジンベエザメのウォッチングができるスポットもあるので必見です。

雨季と乾季に分かれており、6月〜12月位が雨季、1月〜5月位が乾季にあたりますので、ベストシーズンは2月〜4月くらいです。

最後に

おすすめのアジアの南国リゾート地を紹介してきましたが、訪れてみたいという場所はあったでしょうか。名前は知っているけどあまりよく知らないな〜という場所もあったかと思います。どのリゾート地も共通しているのは、日常の喧騒からはかけ離れた独特のゆったりとした空気感があり、綺麗な海はもちろん、おいしい食事やロマンチックなホテルなど、国内では感じることのない特別な感覚を感じることでしょう。

ハワイやグアムなども良いですが、コスパやアクセス面から考えてもアジアのリゾート地は引けを取らないですし、今年のバカンスは何も計画せずにとりあえずその土地に行ってみて空気を感じて気ままに過ごすのもリゾート地の醍醐味かもしれませんね。

さて、もしあなたが大型連休を貰ったなら何をしますか?