翻訳(Language Change)

パリに行くなら外せない!オススメレストラン&カフェ特集!

世界中で最も多くの観光客が訪れる都市パリ。

エッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などを始め、多くの観光スポットが存在します。

できるだけ多くの観光地を見て回りたいとタイトなスケジュールを組む場合でも、食事や休憩は避けて通れません。

フランス料理を堪能したいけど高いのでそこらへんのレストランやテイクアウトで…、とりあえずそこらへんのカフェで休憩…もありですが、せっかくならフランスらしさにこだわって欲しいところ。

フランス料理でも伝統的でシンプルなお料理を提供するレストランもありますし、マカロンやクロワッサンなどのフランスのお菓子やパンはぜひお店でお茶をしながら堪能して欲しいものです。

今回はパリの中でも観光名所からも近いオススメのレストランやカフェを2つ厳選してご紹介します。

シャルティエ(Bouillon Chartier

シャルティエはパリの中心部にあるオペラ・ガルニエやパレ・ロワイヤルから徒歩でもいける距離にある老舗のレストランです。

1896年に創業し百年以上の歴史を持つこのレストラン、創業当時は労働者層の人々が足繁く通った大衆食堂でした。現在もその流れを受け継ぎ、パリ中心部にあるのにお値段が格安というお財布に優しいレストランなのです。

レストランが入っている建物は当時の姿をほぼそのまま残しています。

高い天井が開放感を出す質素ながらも上品な店内は、白とダークブラウンが基調となっているシンプルなつくり。大きな柱や棚には小さな引き出しが多数あるのですが、昔常連客が自分の食器やナプキンなどをここにしまっていたそうです。

提供される料理は昔ながらのフランス料理です。

しかもメニューは日によって多少入れ替わります。品数も多めで、前菜から肉料理、魚料理、デザートまで一通りなんでも揃っています。エスカルゴなどのフランスを代表する料理もちゃんとあります。

味付けはコース料理のように凝ったものではなく、塩コショウやソースが基本。星付きレストランとまではいきませんが、シンプルで程よい味付けでボリュームたっぷり。さすが労働者の胃袋を満たしていただけのことはあります。

店内は広く、たくさんのウェイターさんがせかせかとオーダーを取りメニューを各テーブルに運んでいきます。

このお店の名物の一つは紙のテーブルクロスに書かれるオーダーです。オーダーは自分のテーブルのクロスに書かれ、ウェイターさんはそれを暗記してキッチンに行ってオーダーし、出来上がった料理を運びます。

ウェイターさんは担当区画が別れているようですが、それでも何人ものオーダーを覚えて料理を運ぶなんて凄技です。

料理が出てくるスピードもフランスの他のレストランに比べると早め。ゆっくりマイペース、必要以外の仕事はしない傾向が強いフランス人ですが、店内にいるとここはフランスか?と思ってしまうほどみんなテキパキしています。

フランス人ならほとんどの人が知っているこのレストラン、お値段や手軽さのため地元の人にはもちろん、近年は観光客にも人気があります。

毎日11:30から24:00まで営業していますが、夜の食事時には行列ができます。できるだけ多くの人に料理を提供するのがこのお店のモットーなので、予約は受け付けていません。

混雑時は他のお客さんと相席になります。大きなレストランなので行列ができていても比較的短時間で案内されます(筆者が20時ごろ行ったときは、店の入口から約20メートルの地点に並びましたが、20分程度で入れました)。

シャルティエへのアクセスは地下鉄が便利。

8または9番線のグラン・ブールヴァール駅(Grands Boulevards)の出口からすぐです。

オペラ座などからも徒歩15分ほどで行くことができます。

レストランは入口と出口が異なっており、通りに面しているのは出口です。入口は赤のネオンの矢印で示されているように、出口横のアーチを通って奥に行くとあります。

大人気のお店ですので、混雑時はあまり長居ができる雰囲気ではありませんが、一昔前のフランスを体感できる素晴らしいレストランですので、ぜひ行って見てください。

アンジェリーナ(Angelina

お次に紹介するのはパリを代表するサロン、アンジェリーナです。

このお店は聞いたことがある人も多いかと思います。

1903年創業で、こちらも100年以上の歴史を持つ老舗喫茶店です。

ベルサイユ宮殿内などにも店舗がありますが、リヴォリ通り(Rue de Rivoli)にある店舗が本店で、このお店にはかのココ・シャネルも足繁く通っていたそう。

現在は銀座にも販売店がありますが、せっかくなら本場の味を試したいところ。

アンジェリーナは世界中から観光客があるものを求めてやってきます。それはここのモンブランのケーキ。創業当時からあるというこのモンブランはアンジェリーナの代名詞です。

スポンジやタルト生地などを一切使わず、モマロンクリームとメレンゲと生クリームのみでできているというこだわりのモンブラン。一口食べると上品な甘さが口の中でとろけます。

ここにきたら必ず味わっていただきたい一品です。

アンジェリーナがこだわっている商品がもう一つ、それはアフリカン・ホットチョコレート。

アフリカ原産の3種類のカカオをブレンドしているこだわりの一品です。日本などでありがちなさらっと飲めるホットチョコレートとは大違いで、溶かしたチョコをそのまま飲んでいるかのような濃厚な味です。

香りもとてもよく、寒い時期にはテイクアウトなどで楽しむのもいいでしょう。

アンジェリーナはケーキ類が有名ですが、喫茶店なので朝食やランチ、軽食も楽しむことができます。

朝はコーヒーとクロワッサやパンオショコラなどのセット、昼はサンドイッチやオムレツ、サラダなどを楽しめます。ここのオムレツも美味しいと評判で人気があるメニューです。

大人気店とあって昼前から夕方にかけては大混雑。入口前には長蛇の列ができます。持ち帰りもできますが、せっかくならばサロンのイートインスペースで食べて欲しいところです。というのも、内装も大変美しく、貴族の屋敷にでも招待されているかのよう。

大きな壁の油絵やずらっと並べられたシックなテーブルと椅子、柱の彫刻などを堪能しながら食べるケーキは最高です。店舗の入口にあるケーキやお菓子のショーケースもカラフルでおしゃれ。思わずうっとり見とれてしまいます。

アンジェリーナ本店は毎日営業しています。

7:30~19:00まで(金~土曜は8:30~19:30まで)が開店時間です。オススメは朝の10時前。それ以降はだんだんと人が増え、12時ごろには並ばないと店舗には入れなくなります。

アンジェリーナのモンブランはサイズが大きめ。一つ食べると結構お腹いっぱいになるので、食べられる人は遅めの朝ごはんの代わりにしてもいいくらいです。

持ち帰りも可能で、その場合は席料がチャージされないのでお財布に優しいです。持ち帰りの場合は列に並ばずに店舗に入って買い物できます。

天気がよければ、商品を買ってお店の前のチェイルリー庭園や近くの観光スポットのベンチなどで食べるのもアリです。

最寄駅は地下鉄1番線のチェイルリー公園駅(Tuileries)ですが、ルーブル美術館などからも徒歩10分かかりません。大通りのアーケード内にあるので、すぐに見つけられるでしょう。

番外編!カプシーヌ通りのスターバックス

最後に一つ番外編を紹介します。

それはオペラ・ガルニエ宮前のカプシーヌ通り(Boulevard des Capucines)にあるスターバックスです。

世界中どこにでもあるスターバックス。ラインナップもオーダーの方法も世界中だいたい同じで、勝手がわかる分利用しやすいですよね。

なぜカプシーヌ通りのスターバックスがオススメなのかというと、それは店舗内の豪華な内装です。

入口はこじんまりとしていてシンプルなのに、中に入ってみるとカウンター奥には宮殿のようなカフェスペースが広がっています。

天井から釣り下がるシャンデリア、天井に広がる絵画、黄金に輝く絵画の縁や壁の彫刻、巨大な鏡などはただのカフェとは思えない豪華さです。

パリの有名どころのカフェやレストランはお値段も高めで人気がある店舗は行列ができてあまりゆっくりとできなかったりしますが、ここはスタバ。

コーヒー一杯で豪華なカフェスペースでゆっくりまったりできます。周りに観光名所がたくさんあるため昼間は混雑していますが、客の回転もそれなりに早いので席がずっと空かないということは稀です。

朝早い時間などは人が少ないので、店舗内をじっくり眺めたり写真を取ることができます。

オペラ・ガルニエ前の広場から交差点を渡って少し先にあるこのスタバは毎日オープンしていて、6:45~22:30(土曜は7:30、日曜は8:00開店)が営業時間です。

周りは有名ファッションブランドの大型店舗もたくさんあるので、買い物の合間の休憩にもうってつけ。

内装に感動すること間違いないので、ここら辺で休憩を取る場合はぜひこのスターバックスへ行って見てください。

まとめ

観光都市パリには、建築物や美術館以外に食の見どころも点在しています。

フランス人なら誰もが知っていると言われるほど有名な老舗レストランのシャルティエは、パリの中心地付近にありながらリーズナブルなお値段でフランス料理を楽しめるお店です。

1896年の創業時からほぼ変わっていない内装と大勢の客で賑わっている店内は一昔前のフランスをそのまま映しているかのようです。

連日行列ができるほどの人気店ですが予約は受け付けていないので、食事時をずらして行くか多少並ぶ覚悟で行きましょう。

ルーブル美術館などからほど近い、1903年創業の老舗サロン、アンジェーリーナの本店も行列ができる人気店。アンジェリーナの代名詞はこだわり抜いて作られたモンブランとホットチョコレート。

朝食やランチでも利用可能で、昼時のメニューではオムレツが好評です。内装が素敵な店舗なので、ぜひイートインで食事を楽しんで欲しいところです。

ケーキ類は持ち帰りが可能で、持ち帰りの場合は列に並ぶ必要はありません。

有名なカフェやレストランではありませんが、オペラ・ガルニエ近くのスターバックス(カプシーヌ通り店)も内装が宮殿並みに美しいので、オススメスポットです。

行列で何十分も待つなんてことはありませんし、席もそこそこ取りやすいので、この辺りの観光中にちょっと休憩をと思ったのなら、迷わずこのスターバックスに行って見てください。

いかがでしたか?

どれもパリ中心部のエリア内に位置していて、美味しい料理とお菓子、豪華な内装なども満喫できる上記3つのスポット。パリに行く機会があれば、ぜひこれらの店舗にも足を運んで見てはいかがでしょうか。