翻訳(Language Change)

パリで無数のガイコツに囲まれる!?異色の観光名所カタコンベの魅力とは?

フランスの首都パリ。

有名な観光名所が多く華やかな都市というイメージが強いですが、夏にぴったりの背筋がちょっと冷んやりする観光スポットもあるんです。

それはパリ中心地から少し南にあるカタコンブ(Les Catacombes de Paris)という場所です。

 ここは18世紀後半に作られた、600万人分もの遺骨が収められている共同の地下墓地なのです。

カタコンブは15世紀ごろに作られた採石場の坑道跡を利用して作られており、道の両脇にはおびただしい数の骨が積み上げられているという、異色の観光スポットです。

ヨーロッパはキリスト教の影響で遺体は土葬されますが、18世紀には遺体数に対してだんだんと地上で埋葬する場所が無くなっていきます。

そのため、井戸水の汚染や疫病の拡大の原因になってしまうなど衛生上の問題が悪化。

それに加え、建物や道路を作るために地下から採石を行っていたため、地盤沈下などの問題も発生し、人々は頭を悩ませていました。

その時に考案されたのが、地上の共同墓地から遺骨を地下に移し、かつ遺骨を利用して穴だらけの地下空間を埋めて土壌を安定させる、という計画だったのです。

このカタコンブは現在観光客向けに順路などが整備され一般公開されています。

日本人やアジア人の観光客にはどちらかというと穴場スポットのような場所ですが、それ以外の地域の観光客には大人気。

毎日長蛇の行列ができ、待ち時間も1~3時間というパリを代表する観光スポットの一つなのです。

地下墓地で骸骨がたくさんあるところに行くなんて怖い…、バチが当たりそうとか思われるかもしれませんが、カタコンベの光景は世界中でもなかなか見られるものではありません。

パリに旅行に行かれる際は、ぜひ足を運んでみることをおすすめします。

今回は、骨だらけの異色スポットであるカタコンベの見どころやアクセス方法、お役たち情報などを詳しくご紹介します。

カタコンベの見どころ

カタコンベの見どころは何と言っても無数の骨なのですが、所々にシャッタースポットがあります。

長い坑道を進むと小さな展示スペースがあり、その先が遺骨が並ぶエリアになっています。

その入口の上には、フランス語で「止まれ!ここは死者の帝国である(Arrête! C’est ici l’empire de la Mort)」と書かれています。

ぜひ死者の国への入り口を写真に収めて下さい。

遺骨エリアの入口からちょっと進んだところにあるのは、14 個の頭蓋骨で作られたハート型の模様です。

最初は骨に慣れずに足早に歩きたくなってしまいますが、ゆっくり見回してハート形模様を探して見ましょう。

先に進むと、十字架模様や波型に並べられた頭蓋骨などもあります。

遺骨でそんなことしていいの?とつい思ってしまいますが、地下墓地を作った当時の人たちの遊び心が感じられるシャッタースポットです。

更に進むと骨に囲まれた井戸が現れます。

サマリア人の泉(De la Samaritaine)と呼ばれている井戸は、ここがまだ採石場として利用されていた頃に、労働者がモルタルを作るのに利用していたそう。

骨の壁に囲まれた井戸という奇妙な景観がとても不可思議な雰囲気を醸し出している場所で、カタコンブを代表するシャッタースポットの一つとして有名です。

最後にご紹介するのは遺骨エリアの最後に位置する骨に囲まれた柱です。

骨に囲まれた柱はもはや姿を見ることはできず、柱の外周は5メートル程あるのではないかというほどの太さです。

大腿骨と頭蓋骨が交互に並べて積み上げられており、柱をぐるっと取り囲んでいる景観は奇妙ながらも美しさを感じるほど。

カタコンブのフィナーレですので、ぜひ柱の前で記念撮影をして見てはいかがでしょうか?

カタコンベ 内には今回ご紹介したスポット以外にも、石碑や墓標、カタコンベ下層に続く通路(侵入不可)など様々なものを見ることができますので、ぜひゆっくりと回って見て下さい。

カタコンベへのアクセス・基本情報

カタコンベへはメトロ(地下鉄)またはRER(近郊列車)を利用してのアクセスが便利です。

カタコンベはRERのB線、およびメトロ4・6番線が通るダンフェール・ロシュロー駅(Denfert-Rochereau)のすぐそばにあります。

RERの駅から外に出ると一番わかりやすいのでオススメです。

地下鉄利用の場合は、地上に上がる前に構内の地図で出口の番号や位置を確認すると安心です。

カタコンベの入り口は、ロータリー内にある小さな広場の横にあるモスグリーンの小屋のような建物です。

カタコンベのオープン時間は、月曜と特定の祝日を除いた日の10:00~20:30(最終入場は1時間前まで)となっています。

入場料は大人一名13ユーロ(2018年6月時点)です。オンラインで事前予約が可能ですが、その場合はオーディオガイド付きで大人一名29ユーロとなっています。

カタコンベの見学コースは約1.5キロで、所要時間は40~1時間ほど(入口と出口は完全に別の場所になります)。

地下坑道は足元がぬかるんでいるところもあるので、歩きやすくて汚れてもいい靴で行きましょう。

坑道への昇り降りの際に長い螺旋階段が待っているので、体力に自信がない場合は後ろに人がいない時を見計らって登りましょう。

また、地下ということもあり、年間を通して気温は14℃程度。

夏に行く場合は、薄手の上着を持って行くといいでしょう。

カタコンベ内部へは40x30cmを超える手荷物、およびスーツケースの持ち込みは禁止されています。

荷物を預けられるロッカーなどもないので注意しましょう。

カタコンベに行く際のアドバイス

カタコンベは日本人やアジア人の観光客には穴場的なスポットですが、それ以外の観光客には大人気の観光スポット。

行く時間によっては1~3時間待ちというのも当たり前で、常に大行列が広場の周りに沿って出来ています。

というのも、カタコンベは一度に入れる人数が200人に限られているのです。

よって、滞在期間に余裕がない場合は、値段も手間も多少かかりますが事前にオンラインチケットを購入しておくことを強くお勧めします(オンラインチケットは訪問予定日の3日前まで購入可)。

オンラインチケットは、カタコンベのホームページから購入可能な別のページ(フランス語のみ:要登録)へリンクが可能になっています。

日にちと時間を指定し、クレジットカードで支払い、メールで送られてくるeチケットを印刷して当日持参します。

eチケット持参の場合は並ぶ列が異なりますので、わからない場合は入口付近の係員に尋ねるといいでしょう。

時間になれば優先して入れますが、チケットを事前購入している観光客もある程度いるので、中に入るまでに5~15分ほどかかる場合もあります。

時間に余裕がある、事前チケットが買えなかったなどの場合であれば、少しでも待ち時間を減らすためにオープン前から並ぶことをお勧めします。

10時オープンですが、筆者が6月の平日に行った際、8:45頃に到着した時にはすでに10人弱並んでいました。

9:30を過ぎると広場を半周回っており入口付近から最後尾が見えない状態に。

見学を終えて11時ごろに入り口付近に戻ると、広場の3/4週くらいまで並んでいました。

ハイシーズン時は、夕方に行ってももう今日は入れないと言われることもよくあるそう。

オープン前後にどちらにしろ並ばないと行けないので、最初にある程度まとめて列が進むオープン前に並ぶのがいいでしょう。

まとめ

パリの地下に広がる坑道跡に作られた共同墓地、カタコンベ 。

18世紀に土葬用の土地不足や衛生問題、地盤沈下問題などを解決する方法として考案されたカタコンベは、今や世界中から観光客が押し寄せるパリ有数の観光スポットです。

無数の骨が壁などに積み上げ挙げられている様は実に異様な光景で、異色の観光地。

日本人をはじめアジア人には穴場的な観光スポットで、世界中でもこのような観光スポットは多くないため、パリを訪れる際に時間があればぜひ足を伸ばしてほしい場所の一つです。

カタコンベ内部の見どころは、遺骨ゾーンに入る入口の上の文言、ハート形や十字形に並べられた頭蓋骨、採石場だった頃に使用されていた井戸や柱を囲むように積み上げられている遺骨など、実にさまざま。

見慣れない光景に恐怖心も混じると足早になってしまいがちですが、ぜひゆっくりじっくり見てカタコンベを作った人たちの遊び心を堪能してほしいところです。

カタコンブへはメトロやRERを利用してアクセスすることができます。

ダンフェール・ロシュロー駅で下車してすぐの場所ですので、迷うことはないでしょう。

入場料:大人:13€ 18歳~26歳:10€ 4歳~17歳:5€

営業時間:10:00~20:30

定休日:月曜

所要時間:約1時間

所在地:1,avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy 75014 Paris

階段の上り下りやぬかるんだ足場などがあるので、汚れてもいい歩きやすい靴で行きましょう。

カタコンブは大行列ができる人気ぶりで、1~3時間の待ち時間が発生するのは当たり前です。

滞在期間が限られているのであれば並ぶ時間を無駄にしないよう、高くはなりますが日にちと時間が指定できるオンラインチケットを訪問3日前までに買っておくことをおすすめします。

オンラインチケットを買いそびれたりチケットを現地購入する場合は、オープン前から並び始めるのが吉。

オープン前には既に最後尾が見えないほど人が並ぶこともあるので、できるだけ早く並びましょう。

内部は怖いというよりは奇妙で異様という印象の方が強かったです。

なかなか見ることができない光景ですので、並んででも見て見る価値は十分あると思います。

ただ人数制限のため、見て回っていると前後の観光客と距離が離れたり細い坑道に自分一人になることもあります。

怖がりの人が一人で行く場合は、周りの人について行きながら移動することを心がけるといいでしょう。

パリの地下に広がる不思議空間カタコンベ。ぜひ今年の夏の行き先にパリとカタコンベを選んで見てはいかがでしょうか?