翻訳(Language Change)

バックパッカーが持っておいて損しない危険回避グッズ5選!あなたの旅を少しでも安全に!

バックパッカーとして旅に出るなら、移動の大変さを考えると極力荷物を少なくしたいところですよね。まあそれは確かにそうなのですが、旅は危険がつきものですのでせめて自分の身は自分で守れる様に、最低限これを持っておくと良いだろうというグッズを紹介します。(※持ち運びしやすいものに限定

僕も初めて旅に出た時は、なんだかんだ不安もあったので一応持って行ってみたグッズ達です。行く国の治安によってはそこまでナーバスになる必要は無いかもしれませんが、参考にしてみてください。

防犯ブザー

いつ頃からでしょうか?防犯ブザーは、日本でも簡単に手に入ることから防犯グッズとして人気がありますね。小学生がランドセルにつけている光景をよく見かけます。

防犯ブザーはこれだけ軽量で持ち運びしやすいものなのにも関わらず、とんでもない音量の音を発しますので、旅の道中首からかけるなどして持ち歩いているだけでも、防犯対策として抑止力にもなりますしおすすめグッズです。

脅された時など声を出そうとしても難しい場面があるかもしれませんが、ブザーを鳴らすだけで加害者をひるませるだけでなく、周囲の注意を引くことができるのでかなり万能かと思います。

僕は割と大柄な男なので、なかなかこういった被害にあう確率は低いのかな?と思いますが、僕が旅をしていて出会う日本人女性バックパッカーはもれなく持っていましたね。

南京錠・ワイヤーロック

旅をしているバックパッカーは荷物自体シンプルですが、万が一バックパックを盗難されてしまうなんて事があると旅を継続する事も難しくなるかもしれませんよね。国内に居るとあまり意識しなくても大丈夫かと思いますが、とにかく海外は盗難被害の可能性を常に意識しておくべきでしょう。

抑止力として手軽に使えるアイテムとして南京錠はオススメです。いくつか持っていても良いかも知れません。あらゆるものに使えて防犯してる事が一目瞭然です。泥棒もわざわざ鍵がついているバッグやドアを狙うよりも、ついてない方を選びますよね。

ワイヤーロックもかなり抑止力になります。長旅をしていると、段々慣れてきて注意力が散漫になってきがちですが、ワイヤーロックを使う事を癖付けしていると盗難被害に遭う確率はグンと下がると思います。バッグパック丸ごとに使ったり、タブレットやパソコンなどの貴重品を持ち去られないように何かに括り付けるために使います。

ドミトリーなどにバッグを置いて観光に出る時、結構部屋は無法地帯です。カメラで監視しているわけでも無いので、バックパックごと盗まれる可能性を減らすために、柱、ベッド枠などにワイヤーロックをかけておくと良いでしょう。

また、共有スぺースやカフェなどでパソコンやタブレットを開いている時も、ちょっと席を外す際に簡単に持ち上げれると持ち去られる可能性が上がってしまうので、テーブルの足にワイヤーロックでつないでおくなどして対処する事ができます。

どちらのアイテムもコンパクトに持ち運ぶ事が出来ますし、視覚的に分かりやすく防犯出来るのでオススメですね。

スキミング防止ケース

スキミングとは、磁気情報読み取り装置(スキマー)などを使い、キャッシュカードなどの磁気情報を読み出すことを言います。

読み取ったカード情報から偽造カードを作成し、現金の引き下ろしや高額商品の購入などに悪用される被害が後を絶ちません。現に東京でも2010年にスキミングで1千万円以上の利益を上げた中国人の犯行グループが検挙されています。

世の中がどんどん進化しているのに伴い、泥棒の手口も進化してきています。パスポートやカード類に埋め込まれた情報は、少し前まではスキマーに差し込んで読ませない限り盗まれることはありませんでした。

海外のATMの差込口にこれが設置されていて、情報を盗まれるというスキミング例が良く報告されていました。

ところが最新技術は、スキミングの場所を選びません。お店で隣に座ったり、道ですれ違った人だったりがあなたのバッグの中、ポケットの中にあるパスポートやカードの情報を読み取ってしまえる、そんな機械が出回り始めているのです。

恐ろしいですよね、、、。笑

ただスキミング防止ケースに大切なものは入れるようにしていたら、スキミング対策出来ますのでオススメです。

いろいろなタイプが販売されていて、パスポートケース型、バッグ型、財布型などがあります。現金被害はとにかく避けたいので、旅をするなら持っておきたい必需品です。

避妊用品

私には関係無いなんて思わずに、自分を守るための大切なグッズとして準備しておくべきでしょう。旅の中でいつどんな出会いがあるか分かりませんし、男性も女性も一通り準備しておくことをおすすめします。男女ともにコンドーム、そして女性は念のためにピルも持っておくと良いかも知れませんね。

ただ実際に過去あった話で、強姦されそうになった女性が性病予防のためにコンドームを使うように相手に言った事で、性行為に「合意」があったとして強姦罪が認められなかった例があるそうです。

コンドームの使用で性病は防げたものの、その行為を犯罪として相手に罪を償わせることは出来なかったとすると考えものではありますね、、。事例としてご紹介させていただきましたが、あくまで念のためであってまずは性犯罪に合わないように危険なエリアの歩き方は見つめ直しましょう。

海外旅行保険

最後になりましたが、これがない旅はかなり冒険しすぎです。笑

保険の内容はさまざま有りますが、安心してバックパッカーとして旅を続けるためには必ず加入することをオススメします。保険加入と言うと複雑で難しそうだと感じる人も居ると思いますが、今はクレジットカードを作るだけで自動的に海外保険に加入できるサービスがありますしとても便利です。

◎世界一周バックパッカーのおすすめクレジットカードまとめ

病気やケガだけでなく盗難被害にも保険が適用されるので安心です。病院でとんでもない金額を請求されて、「やっぱり保険加入しておけばよかったー」なんて嘆いてももう遅いです。自分は大丈夫だ!なんていう根拠の無い自信は捨てて、絶対に加入しておきましょう。

最後に

トラブルも旅の醍醐味と言ってしまえば、それまでかも知れません。確かにトラブルは人間を成長させてくれると思います。しかし最低限のトラブル回避はしておくに越した事は無いと思います。この5つのアイテムは大荷物でも無いので持っていて損は無いでしょう。

旅では貴重品を守る事も、自分の身を守る事も全部自分次第です。中には命に関わる事が起こることもあるかも知れませんので、最低限の注意を払う事を頭の片隅に置いておくべきですね。

とは言え、旅自体が楽しく無いと意味がありませんので、あまり疑心暗鬼にはならずに旅を進めてみてください。どんどん旅が楽しくなることでしょう!良い旅を!!