翻訳(Language Change)

ドイツの世界遺産!ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群とは?

今回ご紹介するのは世界遺産、ドイツの「ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」です。

皆さんはヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群についてご存じでしょうか。

ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群はドイツの中央部の町ヴァイマールと、東部の町デッサウ、ベルナウにあった建築の専門学校であるバウハウスに関連する一連の建造物群を指しています。

このバウハウスという専門学校では、基礎建築から建物のデザイニング、建築に関わる美術、芸術全般までおよそ建築に関わる全ての学問を教えていました。

この学校は当初ヴァイマールで開校し、その後時代が下るとともにデッサウ、そしてベルリンへと所在地を移していきます。

最後の所在地であるベルリンではわずか1年程度しか活動をしていませんので、この世界遺産の名前にもベルリンは含まれていません。

ドイツにおけるモダニズム式建築に多大な影響を与えたバウハウス建築学校が各地に残した建造物群がこの世界遺産の構成資産です。

そんなヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群の魅力について、歴史を踏まえながらご紹介していきたいと思います。

ヴァイマールとデッサウのバウハウスの歴史

西暦1919年、バウハウス建築学校はドイツの建築家ヴァルター・グロピウスによって中部の町ヴァイマールに設立されました。

バウハウス建築学校設立にあたっては、美術工芸大学と美術専門学校が合併されています。

創立宣言において、ヴァルター・グロピウスは建築に関わる職人や、美術家の間での階級差別排除をその目的の1つとして、従来の職人ギルドとは一線を画した新しい職人ギルドを組織することを盛り込みました。

この時代にはちょうど第一次世界大戦が勃発しており、開戦前に所有していた機械、計器類などは全て戦時中に売り払われました。

この学校の当初の狙いは、建築技師、設計士、建築士、大工、左官などの職人や、近代的建造物のデザイナーを養成するための建築総合学校となることでした。

第一次世界大戦の終焉とともに従来の価値観は一新されるべきだという考えのもと、バウハウスでは時代に合った新しい建築デザイン、建築工法を生み出そうとしていました。

この時、バウハウスで理想とされていた建築様式は、大量生産に適した効率のよい原価が安いというものでした。

当時、世界最大の国家だったイギリスや、新大陸にあって爆発的に成長を続けていたアメリカ合衆国と比較するとドイツは建築資材となる資源の調達力に関して劣っていたため、熟練の職人による作業効率と、正確性、また競争力のある魅力的な製品を輸出する必要がありました。

この要求を満たすためには基礎的な建築技術や製造技術の他、工業デザイナー、建築デザイナーによる魅力的な商品の開発が至上命題となっていたのです。

テューリンゲン議会からはバウハウスの運営に関して補助金が拠出されていました。

この補助金は、ドイツ社会民主党との繋がりによって支給されていたのですが、西暦1924年にあった議員選挙でドイツ社会民主党は政権を失い、議会からの補助金も徐々に減額されていきました。

最終的に西暦1925年にはヴァイマールでの活動を終了し、学校も閉校となりました。

ヴァイマール校を閉鎖したのち、バウハウスはより東部の町、デッサウへと移転しました。

デッサウへの移転後も一部の教職員や学生はヴァイマールに残り、新たに土建工科学校として活動を続けていましたが、20世紀末にバウハウス大学へと名称を変更しました。

デッサウで活動をしていた時代のバウハウスは、ヴァイマール時代と方向性を変更しました。

新しくオランダ人の建築家マイヤーを学長に迎え、大規模な建築物の設計、施工を受注したバウハウスは、この依頼を遂行するにあたって、経費節約のために建築部材をオリジナルのものではなく共通規格品とする手法を採用します。

この手法によって総工費を少なくすることに成功したバウハウスはその後多くの案件を受注することに成功し、収益が上がるようになりました。

学長として組織の収益性を著しく改善させたマイヤーでしたが、他方では学校の存立に大きくかかわる問題も抱えていました。

学校設立当初からの職員は実用性よりも審美性を重視していた人々も多かったのですが、マイヤーは実用性を第一に考えていましたので、デザインを重視する職員に対して退職を迫りました。

また、コミュニストとしてもよく知られていたマイヤーはドイツの当局にも目を付けられており、ドイツの社会情勢が不安定となるにつれて反共主義も高まっており、学長がコミュニストであることを危険視する声も挙がっていました。

さらに決定的な事件が起こります。

実用主義と審美主義の対立や、マイヤー自身がコミュニストであることは学校組織全体への批判には繋がりませんでしたが、学長であるマイヤーが生徒の一人と肉体関係となってしまったのです。

このスキャンダラスな事件は当時の風潮から言えば組織全体への批判へと波及する恐れがあったため、マイヤーは解雇され学長の座を失いました。

この事件から2年後の西暦1932年、デッサウ校も閉鎖となり、バウハウスは最後の所在地、ベルリンへと移転していきました。

この時代のドイツはナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が政権をとる直前で、この頃には建築様式において特別な理念を持っていたわけではありませんでしたが、ナチスに迎合する文筆家たちはモダニズム式の旗手であるバウハウスを質実剛健を旨としたゲルマン的な理想とは合わない断定してその教育方針などを弾劾しました。

実際に二代目学長のマイヤーがコミュニストであったことは学校の内外によく知られていた事実でもあり、また学長を罷免されたあと学生を率いて共産主義の旧ソヴィエト連邦に亡命したという事実は学校にとって不利に働きました。

社会一般に反共の風潮が広がり、学校への圧力も高まる中、西暦1933年4月にナチスの命令によってベルリン校が閉鎖され、バウハウスはその歴史を終えました。

代表的建造物

デッサウ・バウハウス

西暦1920年代の最新の工法と技術を用いて建設されたのがこのデッサウ・バウハウスです。

壁一面にガラスを用いたデザインは、20世紀後半には一般的なデザインとなっていましたが、この当時ではこのようなデザインの建物はまだ存在しておらず、コンクリートとガラスを多用した先鋭的な設計の建物は世界中から注目を浴びました。

親方の家

マイスターハウスとよばれるこの建物は、バウハウスの教職員宿舎です。

当初は4棟の住宅が建設されました。

この内訳は1棟が単世帯用の一戸建て、残りの3棟はそれぞれ二世帯住宅となっていました。

第二次世界大戦中に2棟が損傷してしまいましたが、その後修復されました。

しかし修復された部分はもともとのオリジナル版とは似ても似つかないとも言われており、賛否両論があります。

お役立ち情報

こちらではヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群観光に役立つ情報や豆知識をお伝えします。

テューリンガー・ソーセージ

ドイツといえばソーセージとビールというのが定番のイメージかと思います。

ドイツには数千種類のビールとソーセージがあり、その中でも最もポピュラーなもの一つうがこのテューリンガー・ソーセージなのです。

西暦1432年にヴァイマールの食肉組合によって定められた法律で、材料は新鮮な肉だけを使用し、内臓を混ぜてはいけないと規定されています。

ハーブとニンニクを練り込んだテューリンガー・ソーセージはドイツ全土で非常に人気がありますが、テューリンゲン地方ではレストランでも食べることが出来ます。

ヴァイマールはこのテューリンガー・ソーセージの本場ですので、ぜひドイツビールと一緒に楽しんでみてください。

最後に

 

いかがでしたか。

これをきっかけにヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群に興味を持って頂けたなら幸いです。

私たち日本人が持っているドイツの世界遺産のイメージというと、重厚な要塞や壮大な教会、ライン川流域の豊かな自然やなど、文化遺産や歴史的な遺産が一般的かと思います。

また20世紀後半は先進的な科学技術や産業をイメージする方も多いのですが、19世紀から20世紀にかけてのドイツというとイメージがわかない方も多いようです。

今回ご紹介した世界遺産、バウハウスは第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の、ドイツの動乱期にあたる時期の世界遺産です。

この世界遺産を訪れ、その歴史に触れることできっといままで知らなかったドイツの文化を知ることが出来るでしょう。

ドイツへご旅行の際には、是非ヴァイマールとデッサウへも足をお運びください!