翻訳(Language Change)

ドイツの世界遺産!ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)の魅力とは?

今回ご紹介するのは世界遺産、ドイツの「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」です。

皆さんはベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)についてご存じでしょうか。

ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)はドイツの首都ベルリンにある観光スポットで、町を東西に流れているシュプレー川の中州、シュプレー島のウンター・デン・リンデンよりも北側の半分を指しています。

ここには5つの重要な博物館、美術館が集中しているため、ムゼウムスインゼル(ミュージアムスアイランド)と呼ばれるようになりました。

そんなドイツの世界遺産、ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)の魅力について、歴史を踏まえながらご紹介していきたいと思います。

ムゼウムスインゼル(博物館島)の歴史

19世紀までムゼウムスインゼルの辺り一帯は住宅街が広がっていましたが、西暦1830年に旧博物館が建設されると、西暦1841年にはプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世によって「芸術と科学に関する地域」に制定されました。

これ以降次々と博物館が建設され、ムゼウムスインゼル(博物館の島)と呼ばれるようになりました。

西暦1918年、第一次世界大戦終結によってドイツ帝国が崩壊した後も民間の団体によって博物館が運営されるようになります。

第二次世界大戦中、博物館は空爆を受けましたが収蔵品は事前に各地に分散して保管されていたため、その多くは難を逃れました。

西暦1945年以降、ムゼウムスインゼルは共産党政権の東ドイツの領土となったため博物館は東ドイツ国立博物館となりました。

東西ドイツ統一後は博物館、美術館の再編や、建物の改装が行われ、ムゼウムスインゼルの収蔵品も一部が他の博物館に移されています。

博物館

旧博物館 (Altes Museum)

ルストガルテンの北側に面している、左右対称のギリシャ神殿のような建物が旧博物館です。

この博物館はムゼウムスインゼルの5つの博物館、美術館の中でも最も古く、西暦1830年に完成しました。

もともとは歴代プロイセン国王の美術品コレクションを保管、展示するために建設された博物館でしたが、現在では古代ギリシャの美術品を中心とした、古美術品が収蔵、展示されています。

世界遺産とは少し違うお話になりますが、実はこの旧博物館はルストガルテンを中心としたプロイセン王国の権威を誇示するための建造物群の一角を成しています。

他の建造物群には、世俗権力を象徴するベルリン王宮、宗教的権威を象徴するベルリン大聖堂、軍事力を象徴するツォイクハウスがあります。

旧博物館は文化、芸術と科学力の象徴だったのです。

5館のなかで最も古く1830年に建築家カール・フリードリッヒ・シンケルが設計した。ベルリン王宮(戦後東ドイツ政府がプロイセン軍国主義の象徴として撤去、現在存在しない)の前の道路を挟んだ向かい側に建設された。ここにフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の蒐集したギリシャ・ローマの芸術品を公開する目的で開館した。旧博物館の前にはルストガルテンという公園がある。

新博物館 (Neues Museum)

新博物館は西暦1859年に完成した博物館で、旧博物館の収蔵品が増え、入りきらなくなったことから建設されました。

第二次世界大戦中に博物館の建物は壊滅的な被害を被り、外壁だけを残して空爆によって破壊され、長い間廃墟となっていました。

再建されたのは21世紀に入ってからの事で、西暦2009年に再オープンしました。

この博物館では主にエジプトの美術品と先史時代の出土品を展示しています。

展示品の中で最も有名なものは、エジプト王アメンホテプ4世の王妃、「ネフェルティティの胸像」です。

世界史、美術の教科書に掲載されている事も多いので、名前を知っている方や写真を見たことがある方も多いかもしれません。

古代エジプトの美術品としては、ツタンカーメンの黄金製マスクと同じくらい有名なものです。

旧国立美術館 (旧ナショナルギャラリー、Alte National Gallerie)

旧国立美術館は西暦1876年に完成した、ローマ神殿風の美術館です。

この美術館は西暦1830年代には建設計画があったのですが、長い間実現しませんでした。

この計画は銀行家のヨハン・ハインリヒ・ワーグナーから250点以上の絵画が寄贈された

事を契機に再浮上し、遂に実現に至りました。

旧国立美術館も第二次世界大戦時に建物に大きな被害を受け、西暦1970年まで修復工事が続いていました。

現在は主に19世紀の絵画、彫刻を中心とした近代の美術品を展示しています。

ボーデ博物館 (Bode Museum)

ムゼウムスインゼルの中でも最も北に位置する西暦1904年に完成した博物館で、当初はドイツ皇帝フリードリヒ3世に由来した、カイザー=フリードリヒ博物館という名前でした。

現在の名前は初代の博物館キュレーターだったヴィルヘルム・フォン・ボーデに因んでボーデ博物館に改名されました。

現在は東方正教会、コプト教会の関連物を中心としたコレクションやビザンツ美術のコレクションが展示されています。

ペルガモン博物館 (Pergamon Museum)

ペルガモン博物館はムゼウムスインゼルの5つの博物館の中で最も新しい博物館で、西暦1930年に完成しました。

この博物館の中には、アナトリアの古代ギリシャ都市ペルガモンにあった大祭壇が移築されている事からペルガモン博物館と名付けられました。

この博物館では古代から近代の中近東の美術品が展示されています。

目玉となっているのは、「ペルガモンの大祭壇」、「バビロニアのイシュトール門」などで、毎日多くの観光客が訪れています。

お役立ち情報

こちらではムゼウムスインゼル観光に役立つ情報や豆知識をお伝えします。

ベルリンミュージアムパスと博物館島1日共通券

ベルリンには、ベルリンウェルカムカードや、ベルリンパス、シティツアーカードといった観光客向けのツアーパスがたくさんありますが、今回はムゼウムスインゼルに絞ってご紹介します。

ベルリンの他のスポットも訪れるのでしたらベルリンウェルカムカードが一番お得となりますが、ムゼウムスインゼル意外に特化した場合には、ベルリンミュージアムパスまたは博物館島1日共通券がお得です。

ミュージアムパスは3日間ベルリン市内の約50カ所の美術館、博物館に入り放題となるパスカードで、値段は24ユーロです。

ベルリンは博物館の町とも呼ばれているくらい博物館、美術館が多いので、3日間かけていろいろな博物館を訪れるようでしたらこのパスカードを買うのが良いでしょう。

博物館島1日共通券は1日間博物館島の5つの博物館に入り放題となるチケットで、値段は18ユーロです。

博物館島の5つの博物館は10ユーロ、または12ユーロの入場料がかかりますので、2カ所以上を訪れる場合にはこちらのチケットがお得になります。

丸1日を博物館島で過ごし、5つの博物館を全て回るという場合には約40ユーロの入場料を節約できる大変お得なチケットです。

最後に

いかがでしたか。

これをきっかけにベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)に興味を持って頂けたなら幸いです。

さきほども少し触れましたが、ベルリンは「博物館の町」とも言われるほど博物館が多い町で、ムゼウムスインゼル意外にも貴重な品を展示している博物館、美術館が数多くあります。

その博物館群の最初のものがこのムゼウムスインゼルの博物館なのです。

「ペルガモンの大祭壇」、「バビロニアのイシュトール門」、「ネフェルティティの胸像」はムゼウムスインゼルの5つの博物館の展示品でも最も重要な展示物で、最大の見どころとなっていて、大勢の観光客が見学しています。

ドイツの首都でもあるベルリンは、博物館意外にも楽しい観光スポットがたくさんある魅力的な町ですので、ベルリンには行ったことがあるけれど、ムゼウムスインゼルを訪れた事がない方もいらっしゃるのではと思います。

ベルリンを訪れるのでしたら、是非ムゼウムスインゼルへも足をお運び下さい!