翻訳(Language Change)

大人もこの日ばかりは童心に帰る!?世界最大級の水かけ祭り!ソンクラーンinタイ

現在のソンクラーンはTHE水かけ祭りです。この日は、町と人がずぶ濡れになります。

この祭りでは、見ず知らずの相手にさえ勝手に水をかけることが無礼講とされています。僕もソンクラーンのことを知らずに町を歩いていて、急に横から水鉄砲を持った少年軍団に襲撃されたのを覚えていますが、知らなかったのでその時はビックリしました。笑

その時ばかりは、「おいおい、ちびっ子とはいえ急に人に全力の放水すんなよ、、、」ってやりきれない感情でしたが、のちにソンクラーンだったと聞き納得しました。

そもそもタイでは、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをするなど、水をかける行為自体が敬意を払う意味を持ちます。

ソンクラーンの開催について

ソンクラーンは、タイだけでなくラオスやミャンマーやアメリカなどでも行われていますが、せっかくなら1番の盛り上がりを見せる本場タイのバンコクに参戦して欲しいですね。ちなみに、バックパッカーの聖地とされているカオサン通りには、世界中からこの日のために気合入れて参戦しに来ている人が大勢います。

僕が行った時は、ゴーストバスターズの格好をした集団がえげつない大きさのタンクを背負って、放水していた外国人バックパッカーを見かけました。気合を感じましたね。笑

現在では、4月13日〜4月15日が開催期間となっています。また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーンと呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがあります。

また、バンコクから北上したチェンマイは、象の参加頭数がとても多いので、象の放水も受けれる人気のエリアになります。

ソンクラーンの歴史

ソンクラーンは正月の意味合いが強く1888年にタイの旧暦チャントラカティが廃止されるまでは、純粋に新年の始まりを祝う日であり、先祖や家族を大切にしようという、日本の正月文化と似たものでした。

ところが、チャントラカティ(旧暦)から4月1日(西暦)へと移ったことで正月の意味が薄まりました。1941年には、グレゴリオ暦を導入することで1月1日(西暦)を元旦として以来、ソンクラーンは祝日と定められました。

今でもソンクラーンの時期には、日本のお正月のように現地の人は地方へ帰省して家族と過ごしたり、旅行したりという生活を送っています。

本来のソンクラーンは、2つの儀式を中心としていました。

1、バンサクン

亡くなった先祖たちをしのび、家族で仏像のお浄めを行なったり、お参りに出かけたりします。日本のお盆の風習のイメージに近いですね。

2、ロッド・ナーム・ダム・フア

両親やお世話になった方などを訪ねて新年の挨拶をするような儀式です。日本の正月の風習のイメージに近いでしょう。

ソンクラーンに参加しよう!

ソンクラーンはひたすら水をかける訳ですが、これは相手に対する敬意の表明です。ちびっ子に全力で包囲された僕も、そう思えば気持ちよくも思えます。笑

だから、あの時水をかけられた相手がちびっ子で良かったと正直なところ思うのです。もし大人だったら何も知らなかった僕は口論になっていたかもしれなかった。汗

バンコクは、電車もとても充実しているため、僕は全身ぬれたままで電車移動だったため冷房でとても寒かったです。当然下着も全滅です。着替えがあった方がいいかもしれませんが、、、

まあ、あった所でまた濡れますけどね。

ちなみに、町中でほとんどの人が携帯する水鉄砲は、ソンクラーンが近づくと町のいたるところで売られます。いくらタイの物価とはいえ、少し高値にはなりますが全力でこのお祭りを楽しもうと思えば、多少奮発してもいいのかなと思います。

ピストルタイプの小型のものや、背中に水タンクを背負うバズーカのようなもの、ただの水ではなく冷却パウダー入りのものあり、お気に入りを探してみるのも良いですね!水がなくなると屋台で水道水を5〜10バーツで買って補給をします。

他国からこの祭りのために来た人たちは、びっくりするような重装備だったりするので要注意です。たまにとんでもない水圧の人とかいます。

最後に

ソンクラーン期間中は水に対することはすべて無礼講と法律で保護されているため、ソンクラーン期間中に起きた水の被害に対する損害賠償請求はできないようになっています。また、祭りのテンションも加わりなんでもありみたいな空気感さえしています。飲酒運転も増加し、一年で最も交通事故数と死亡者数が多いとまでいわれています。

楽しむのは良いですが、自分の身はしっかりと守るように気をつけて下さい。

※お坊さんや警察や軍人に対する水かけは禁止です。

ルールを守って、敬意を持って楽しみましょう!