翻訳(Language Change)

スペインの穴場スポット!崖の上の城塞都市アルケサルとは?

アルケサルとは?

スペイン北部のフランスとの国境沿いにあるピレネー山脈。

日本ではあまり紹介されることがないですが、手つかずの美しい大自然が残るヨーロッパ有数のエリアです。このエリアは大自然のみならず、以前はアラゴン王国という独立した国があったため山間の所々に昔の都だった町などが残っています。

アルケサル(Alquézar)もその一つで、現在のアラゴン州の州都サラゴザから北東に約50キロほど行ったピレネー山脈の裾野に位置する町です。

9世紀にイスラム勢力によって建てられた砦がこの町の起源で、アルケサルという名前もアラビア語で「要塞」を意味する語から名付けられたそう。

11世紀にキリスト教徒勢が奪還するまでイスラム圏に属していたため、町にはどことなくエキゾチックな雰囲気も漂っています。

町のすぐ横は渓谷になっている川が流れており標高約650メートルという高い場所に位置するため、町が崖の上に浮いているように見えることも。

独特の外観を有しているアルケサルは「スペインの最も美しい村」の一つに選ばれており、北部スペインのおすすめ穴場スポットの一つです。

山間にあるため交通の便はよくはありませんが、この近郊には同じく最も美しい村に登録されているアインサや、世界遺産に登録されている先史時代の壁画があるシエラ・グアエ渓谷などがあり、みどころが点在しています。

アルケサルを含め、どれも1~2時間で観光できるスポットですので、バルセロナやサラゴザからぜひ足を伸ばして見てまわってほしいエリアです。

今回はこのアルケサルの見どころとアクセス方法をご紹介します。

アルケサルの見どころ

アルケサルの魅力の一つは何と言ってもその町並みです。

グネグネと蛇行している道脇に並んで立つ石造りの家はベージュ色で統一されており、シンプルですが中世の街並みがそのまま残っています。

細いレンガ状の石が積み重ねてあるタイプの石造り家屋が多いのもこの町の特徴で、イスラム文化の影響が色濃く見受けられます。町中ではエリアによってこのタイプの家屋が多かったり、逆に切出し石の家屋や柱や四隅が細いレンガ状で壁は普通の塗り壁の家屋が多かったりと、さまざまな景観を楽しむことができます。

町歩きがとても楽しいアルケサル。散策の際に注目してほしいのが建物の煙突です。

この地方の煙突は丸い形で上に可愛らしい形のカバーがついているのが特徴です。色や装飾をつければガウディの建築物にもなりそうなおしゃれな煙突なので、ぜひ気をつけて見てみてください。

アルケサルの街並みのもう一つの特徴は、家やホテル、お店の入口などにかかっているある魔除けグッズです。

初めて見つけるとギョッとしますが、その魔除けとはイノシシの脚。場所によってはドアのど真ん中にノッカーとして足がつけてある家も。この地方独特の文化ですので、ぜひ探してみましょう。

アルケサルの街並みの美しさは町中からみるのもいいですが、ちょっと離れて全景を見るのが断然お勧めです。

町の中心エリアから南西に向かって緩やかな坂道の道路を15分弱歩くと大きな駐車場があります。その駐車場の手前には小さな展望スペースがあるのですが、そこから眺めるアルケサルの街並みと背後の広大な山や平原の眺めはまさに絶景です。

このビューポイントからは街を見下ろすことができますが、一つ下の通りからは町を少し見上げたようなまた違った景観が見られますので、時間があれば町の外も散策し、ベストビュースポットを開拓してください。

聖マリア教会(Colegiata de Santa María la Mayor)

アルケサルを代表する建築物は町の外れの高台にある聖マリア教会(Colegiata de Santa María la Mayor)です。

ここはもともとイスラム勢力が建設した砦で、11世紀末にアラゴン王国(キリスト教勢)によって奪還された後、ロマネスク様式の修道院として生まれ変わりました。

その後、14世紀には回廊が、15世紀には回廊部分の壁画が、16世紀には教会の入り口とその壁の部分の改修などが行われたため、現存する大部分はゴシック様式の作りとなっています。

石畳の階段を登って教会内に入るとまず驚くのは金色に輝く美しい祭壇です。近くで見ると繊細な彫刻が掘られており、その美しさと荘厳さに目を奪われます。両サイドにある礼拝堂スペースの絵画や彫刻、パイプオルガンの彫刻も大変美しく、自ずと目が惹かれます。

中庭の回廊部分には15世紀に描かれ18世紀に修復されたフレスコ画が壁一面に残っています。回廊の柱には、旧約聖書と新約聖書に出てくるシーンをモチーフとした彫刻が掘られています。

ノアの方舟やアダムとイヴなどの旧約聖書をモチーフとした彫刻が多いのはこの教会ならではの特徴で、大変貴重な文化財ですので必見です。

この教会の横には以前この町の領主が住んでいた居住区もあり、現在はそのスペースでキリスト教関連の絵画などが展示されています。また、高台にあるため町を上から眺められる絶好のスポットでもあります。

この教会は毎日11:00~13:30,16:30~19:30がオープン時間で(11~3月のオフシーズン時は短縮)、見学料は2.5ユーロです。昼間のシエスタの時間が長いので、見学の際には注意しましょう。

アルケサルへのアクセス

アルケサルは山間の町なので交通の便はよくありません。

一番勝手がいいのはレンタカーです。国際免許証を持っているのであれば、迷わずレンターをお勧めします。アラゴン州の州都であるサラゴザ(Zaragoza)までは列車や高速バスなどで移動し、サラゴザからレンタカーを借りれば1時間半ほどの運転でアルケサルへ到着します。

バルセロナからだと車で3時間弱。出来るだけ運転距離を減らしたいのであれば、バルセロナからレリダ(Lleida)まで列車や高速バスで移動し、そこからレンタカーを借りれば1時間程度の運転で済みます。

公共交通機関の場合、列車とバスを乗り継いで行くことができます。

サラゴザから電車でウエスカ(Huesca)まで移動し、そこから中距離バスでアルケサルへ向かいます。バスはavanzaグループというバス会社が運行しているalosaバスやその系列のバスを利用します。

ウエスカからアルケサルへの直行バスはないため、途中のバルバストロ(Barbastro)で乗り換えなければなりません。

しかし、バルバストロからアルケサルへ行くバスは基本的に一日1本(夏場は2~3本程度)。バスの時間の都合上、ほぼ必然的にアルケサルに宿泊するか片道のどちらかをタクシー利用する必要があります。

バスを利用する場合は事前にバス会社のホームページでしっかり時間を調べておきましょう(1ヶ月程度先までのバスの時間は確認できますが、それ以上は未確定のため調べても出て来ませんので要注意)。

レンタカーは無理だけどなんとかしてアルケサルに行きたい!という場合は、バルセロナからVERTRA企画の現地オプショナルツアーがあります。300ユーロ前後とお値段高めですが、日帰り可能で自分でバスや列車を調べたり乗り換えたりしなくてもいいので、時間や労力を節約したい場合はこの手のツアーに参加するのも選択肢の一つでしょう。

まとめ

スペイン北部のピレネー山脈の裾野にある城塞都市アルケサル。

イスラム文化の名残を色濃く感じられる中世の町並みが残るこの町は「スペインの最も美しい村」にも登録されています。

周囲には世界遺産の洞窟壁画や同じく美しい村に登録されているアインサなど見所が点在しています。時間や日程に余裕があればぜひ足を伸ばしてまとめて巡りたい隠れ観光名所なのです。

アルケサルの見どころは何と言ってもベージュ色で統一された美しい街並みです。

イスラム文化の影響が強い薄いレンガ状の石畳の家屋や切石が積み上げられている家屋まで、いろいろなタイプが混じり合っています。

丸い形で可愛らしい蓋のようなものがついている煙突もこの地方特有の建築様式で、ドアやドア付近の壁にはこの地方の魔除けであるイノシシの脚の飾りがついている家もあり、町中のいたるところにシャッタースポットが潜んでいます。

また、町の北西には大きな駐車場があり、その手前の展望スペースからはアルケサルの町並みと背後の大自然を一望することができます。

また、町の高台にある聖マリア教会は、元はイスラム教の砦で後にキリスト教の修道院に造り替えられたという歴史を持つ町一番の観光スポット。教会内の光り輝く聖壇や、回廊部分のフレスコ壁画や柱の彫刻などはとても貴重で珍しいものですので一見の価値ありです。

アルケサルへの交通の便は悪いので、できれば国際免許証をとってレンタカーを借りるのがベスト。レンタカーであれば、サラゴザやバルセロナ、レリダなどの主要都市で車を借り、片道1時間~3時間前後でアルケサルに到着します。

公共交通機関を使う場合は、ウエスカという町まで列車で移動し、そこからavanzaグループが運行する中距離バスでアルケサルまで移動します。

直行バスはないので途中のバルバストロで乗り換えが必要です。バルバストロからアルケサル行きのバスは1日1本程度しかないので、宿泊かタクシー利用などが必要になります。

割高ですが、バルセロナからアルケサルに行く現地オプショナルツアーもありますので、どうしても行きたい場合はツアー参加を検討するのもいいでしょう。

ピレネー山脈の周りにはアルケサルなどを含め多くの隠れ観光スポットが点在しています。

アクセスこそ悪いですが、そこで見られる景色や街並みは行くまでの苦労を吹き飛ばしてくれること間違いありません。

近隣エリアを1~2日かけてまとめて巡ってみるのもオススメです。人とは違う体験がしたい人にはぴったりの旅先。

ぜひ次の冒険先にアルケサルや北部スペインを選んでみてはいかがでしょうか?